Entertainment

染谷将太、初のヤクザ役に「腕切り落とされちゃいました」

 鬼才・三池崇史監督が窪田正孝さんを主演に迎え、完全オリジナルストーリーで送る映画『初恋』が公開。余命わずかだと診断されたプロボクサーが、ひとりの少女と出会ったことで、アンダーグラウンドの世界での強烈な一夜を過ごすことになる三池流ラブストーリーです。  主演の窪田さんのほかにも、内野聖陽さん、大森南朋さん、村上淳さん、塩見三省さんら実力派が揃う本作で、物語の起点となり、その後も物語をかき回していくヤクザの策士・加瀬を演じて、「これぞ三池映画!」といえるブッ飛び演技を見せているのが染谷将太さん。
染谷将太さん

染谷将太さん

 そんな染谷さんに、初ヤクザ役を演じた本作について語っていただきました。お話の中には、ついに登場となる大河ドラマ『麒麟がくる』での織田信長役への言及もありました。

「惜しい奴」加瀬は基本“ドヤ”なんです(笑)

――ご自身が演じられた加瀬を「惜しい奴」だとコメントされていましたが、『確かに!』と頷いてしまいました。 染谷将太(以下、染谷)「加瀬は、詰めが甘いというか、詰め方を知らない人間で、詰め切れていないことに気づかないままなので、基本、“ドヤ”なんです(笑)。脚本に書いてあることをやるだけでも面白い役だと感じましたが、実際にステキな俳優陣と現場に立ち、三池監督が芝居をつけて動き出すと、歌舞伎町という場所も相まって、想像していた以上にどんどん豊かになっていきました」 ――加瀬が動くと物語が動く。まさにキーマンでしたね。お芝居のテンションは三池監督との話し合いで決めていかれたのですか?
『初恋』より

『初恋』より

染谷「テストの段階で、実際に三池監督が演じられるんです。その中には台本にないセリフもあって(笑)。そのときのテンションであったり、三池監督のアドリブをそのままいただいたりしてやっていきました。  たとえば加瀬が最初に人に向かって発砲するシーン。つまり一番最初のミスですが、そこも三池監督が銃を持ちながら『これは訓練だよ、訓練。訓練なんだよ、バカヤロー!』とかって台本にないことを急におっしゃり出すんです。そうすると現場が爆笑になって、それを見ながら、僕も演技のレベルを感じ取ってやっていきました」

クライマックスでのイッっちゃってる芝居にはアドリブも

――アドリブに関しては、三池監督も、「現場での染谷さんのアドリブが最高だった」とお話されています。三池監督に感化されるのでしょうか。
『初恋』より

『初恋』より

染谷「今回は、最初に脚本を読んでいる段階から、『ここでこういうことをしたいな、こういうことを言いたいな』と思っていたんです。普段はあまりないのですが、過去に三池監督の現場(『悪の教典』)を体験したからこそ、『あ、これ、一度三池監督に見せたいな』『三池監督はどういう風に思うかな』なんて思うんです」 ――具体的に現場ではどんな提案を? 染谷「クライマックスのカオスな展開のところで、加瀬は銃を持っていた腕を切り落とされちゃうんです。でも完全にイッちゃってる状態なので、その腕に向かって『お前、銃返せよ!』と、人を相手にしているように話す。それは段取りでやってみたら監督も気に入ってくださったので、実際にやりました」
次のページ 
約20年の長いキャリアで初のヤクザ役
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ