Gourmet
Beauty

いつもの味噌が美人食に。くるみやチーズに混ぜるアイデアも

 キレイになりたい皆さま、こんにちは。美容活動、略して「美活」も2年目に入ったにらさわあきこです。  美容を探求していると、食べることの大切さをより痛感させられるのですが、最近しみじみ思うのは「昔ながらの調味料は理にかなっているな」ということです。なかでも、もっと使いたいのがお味噌。今回は、味噌汁以外に使うアイデアをご紹介しようと思います。 味噌アレンジ方法

味噌に豆腐やチーズを混ぜこむと便利

 一つ目のアイデアは、味噌に食材を混ぜ込むアイデア。味噌を何かと組み合わせ、ディップ使いするのです。  私はもともとディップを頻繁に使うのですが、よく作るのは水切りした豆腐や、カッテージチーズに味噌を入れるディップです。  塩分を薄める意味でも豆腐やチーズは活躍するので強くオススメしたいです。特に豆腐は水分があるので、みりんや酒を使わなくても、味噌を緩めやすくてgood。固くしたいときは、緩めた後にすりごまを足すとゴマ味噌っぽい味になります。  味噌ディップは、スティック野菜につけたり豆腐や納豆やゆで卵にかけたり、大きな油揚げに挟んで焼いたりしていただいてもOK。常備菜として作り置く場合は、豆腐の水切りをしっかりすると、より日持ちしやすいです。

ディップに使える市販のオススメ味噌は?

 続いては、市販品のご紹介。最近発見して「使える!」と思ったのが、長野県で出会った「七福味噌」。
七福味噌

七福味噌

 信州味噌に信州食材のリンゴやクルミ、さらにヘルシー食材として知られるクコの実やゴマ、しょうが、にんにく、玉ねぎの7つが混ぜ込まれた常備菜兼、調味料です。  作っているのは、諏訪大社の門前にある「神楽」という料理店。店主の武居章彦さんが開発したオリジナル商品で、添加物や保存料がないのもいいと思った理由です。
次のページ 
クルミ味噌は手作りがオススメ
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ