Gourmet

2ステップで大量ストック作れちゃう「きのこのラグー」が優秀

 お昼ごはんにも大活躍。
レシピ・献立に悩むお母さん

写真はイメージです

 学校が休校となり、毎日の食事づくりに悩むお母さんお父さんは少なくないでしょう。できるだけ負担なく、おいしい昼食メニューや夕飯がちゃちゃっと作れたら最高ですよね。そこで今回は、そんな悩みをふんわり軽くする大量ストックメニューのご提案です。  そのメニューとは、「きのこのラグー」。えっ、ラグーといえば肉では? とイメージする人もいるでしょう。肉ではなく、どんな料理とも相性がよく、香りや食感を与えてくれる「きのこ」が主役なんです。さてさて、どんなレシピなのか、早速ご紹介していくことにしましょう!

ポイントは、きのこを適当に、たっぷり集めること

子供にもお手伝い可能! 定番料理がグーンとおいしくなる 大量ストック料理「きのこのラグー」の作り方 まず、主役となる「きのこ」の選び方ですが、スーパーで安いものを中心に3種類以上を集めることがポイント。旨味や香りに奥行きが生まれ、風味のよいラグーを作ることができます。「しいたけが苦手」など、自分の好みではないものは無理して使う必要はありませんし、気軽にチョイスすることが重要です。また、乾燥キクラゲもコリコリした食感と濃厚な味わいが全体に深みを与えてくれます。集める全体量は、5.6パック分くらいが目安です。  それでは作っていくことにしましょう。

マスト食材は、きのこ、玉ねぎ、にんにく、生姜

子供にもお手伝い可能! 定番料理がグーンとおいしくなる 大量ストック料理「きのこのラグー」の作り方 用意するのは、きのこ(たっぷり)、玉ねぎ(1個)、セロリ(1本)、生姜(1片)、にんにく(1片)。セロリが面倒なら、玉ねぎを2個にすればOKです。味付けは、オイスターソース(大さじ5)、マヨネーズ(大さじ5)のみ。あとはオリーブオイルとこしょうを揃えておきましょう。 きのこ(3種以上):5~6パック分 玉ねぎ:1個 セロリ:1本 生姜:1片 にんにく:1片 オイスターソース:大さじ5 マヨネーズ:大さじ5 オリーブオイル:大さじ3 こしょう:適宜  作り方もシンプルで、切って炒めるだけ。子ども達に手伝ってもらうことも可能です。

切って炒めるだけ。超簡単料理が“旨味の素”に

(1)きのこ、玉ねぎ、セロリ、生姜、にんにくを刻む

子供にもお手伝い可能! 定番料理がグーンとおいしくなる 大量ストック料理「きのこのラグー」の作り方 きのこは柔らかいので、子供にも切りやすいはずですから、お手伝いに最適。玉ねぎやセロリは専用チョッパーなどを使っても良いでしょう。生姜やにんにくはチューブのもので代用してもOKです。

(2)炒める

子供にもお手伝い可能! 定番料理がグーンとおいしくなる 大量ストック料理「きのこのラグー」の作り方 オリーブオイルと生姜・にんにくを加えたフライパンを熱し、香りが出てきたら、玉ねぎとセロリを炒めましょう。ここで大事なのが、強めの中火で香ばしく炒めること。火加減が弱すぎると水分ベチャベチャな仕上がりになってしまいますから、適度な火加減を守りつつ炒めていきましょう。 子供にもお手伝い可能! 定番料理がグーンとおいしくなる 大量ストック料理「きのこのラグー」の作り方 そしてきのこをドバっと投入。ここでもきのこは水分量の多い食材ですから、火加減を弱めることなく、香ばしく焼き炒めていきましょう。 子供にもお手伝い可能! 定番料理がグーンとおいしくなる 大量ストック料理「きのこのラグー」の作り方 8割くらい火が通った段階で、オイスターソース、マヨネーズ、こしょうを加えてください。調味料を加えると焦げやすくなるので要注意ですが、少々香ばしさを出しながら仕上げるのがポイントです。さあ、これで完成です! フライパンいっぱいに仕上がりました。 子供にもお手伝い可能! 定番料理がグーンとおいしくなる 大量ストック料理「きのこのラグー」の作り方 小分けして冷凍保存も可能ですから、大量に作ってストックしておくと便利です。さあそれでは、肝心のおいしい食べ方についてです。
次のページ 
アレンジは無限大……!
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ