Beauty

石原さとみ風メイク動画で400万回再生。コツを“整形メイクのみゆ”さんに聞いてみた

 石原さとみさんといえば、可愛らしくも色気のある顔立ちが魅力的。一度は「こんな顔になれたら」と思ったことがある女性は多いはず……。 YouTubeで380万回再生。石原さとみ風メイクのコツを聞いてみた そんな石原さんの顔にメイクの力で似せていく「石原さとみ風メイク」の動画をYouTubeに投稿し、1つの動画で再生回数400万回越えを果たしたのが「整形メイクのみゆ。」さん。石原さんの顔のパーツを研究しつくした彼女のメイク動画には「石原さとみにしか見えない」「メイクってすごい」などのコメントが続々と届いています。
YouTubeで380万回再生。石原さとみ風メイクのコツを聞いてみた

「整形メイクのみゆ。」さん

 そこで今回は「整形なしで石原さとみに近づきたい」という多くの女性の願いを叶える彼女のメイク術を取材!みゆさん直々に教えてもらった「石原さとみ風メイク」の方法をご紹介します。 ※価格はすべて税抜きです

石原さとみ風メイクのポイントは「涙袋」

 涙袋がぷっくり立体的な石原さとみさん。ポイントは、この涙袋をしっかり作ることだそう。涙袋がなくても、目の下に影を「線」で描くことで涙袋に立体感を出すことができるのです。
【激変注意】石原さとみさん風メイク!※あくまでも風ですのでおねがいいたします。

「【激変注意】石原さとみさん風メイク!※あくまでも風ですのでおねがいいたします。」10:31時点より

「石原さとみさん風メイクのポイントは涙袋です。下まぶたに涙袋の線をアイブローペンシルでがっつり引いた上から、アイシャドウを塗ってぼかして涙袋を作ります」

▼みゆさん直伝!涙袋の描き方

①下まぶたに涙袋の線を描く ②線の内側に、アイシャドウのラメ系ハイライトカラーを仕込む ③薄いベージュカラーをさらに上から塗る ④最初に描いた涙袋の線を軽くぼかす  ハイライトカラーを仕込むことで涙袋を立体的に作ったあと、上からベージュカラーを重ねることで、ハイライトカラーの白さを抑えて自然な仕上がりになります。
一重ブスから【石原さとみ】さん風メイク!

「一重ブスから【石原さとみ】さん風メイク!」 9:10時点より

「石原さんの目は丸くてタレぎみなのが特徴。アイラインを目尻側にシュッと数ミリはみ出して描くと、さとみさんっぽいタレ目を作ることができます。また、石原さんの眉毛は細めなので、そるときから細く作ります。アイブロウメイクは、眉尻に向かってカーブになるように描くのがポイントです」  アイブロウに関しては、みゆさんは石原さんの画像を見ながら描くこともあるそう。ちなみに、カラコンを使うときは、フチがぼやけたDIAが小さめ(14.0~14.2mm)のアイテムを使うのがおすすめ。

奥二重・一重さんはアイプチが必須

 石原さんは、幅が広めの二重まぶた。奥二重・一重さんは「二重メイクは必須」とのこと!
【激変注意】石原さとみさん風メイク!※あくまでも風ですのでおねがいいたします。

「【激変注意】石原さとみさん風メイク!※あくまでも風ですのでおねがいいたします。」4:45時点より

「二重を作るときは、ガールズメーカーの『ORIPUCHI(オリプチ)(1,200円)』を愛用してます。皮膜式と言って、まぶたをくっつけないタイプのアイプチ。目をつぶってもバレないのがすごい!」
「ガールズメーカー オリプチ」1200円

ガールズメーカー「オリプチ」1,200円
(画像:公式サイトより)

 石原さん風メイクのときは、アイプチを数回重ねて二重の幅を広げることも。まぶたが重めの一重さんなら「テープよりも皮膜式タイプ!」とのことです。
次のページ 
ベースメイクはツヤ系が石原さとみっぽい
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ