Fashion

「ゆったりデニムジャケット」を着こなすには、ボトムス選びがキモ

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子(すみゆうこ)です。春アウターの定番の1つであるデニムジャケット。今のトレンドはゆったりとしたシルエットが作れるオーバーサイズなアイテムが人気ですよね。しかし、そんなオーバーサイズのデニムジャケットは、ボトムスとの組み合わせが非常に難しいところ。  そこで今回は、ゆったりしたデニムジャケットの上手な着こなし方についてご紹介いたします。

デニムジャケット+カットソーワンピース

デニムジャケット+カットソーワンピース オーバーサイズシルエットのデニムジャケットは、それだけで上半身にボリュームを持たせます。そのため、ボトムスもワイドなシルエットや、ふんわりと広がるスカートを合わせると全体的にボリューム過多になり着太りの原因に。  ボトムスはできるだけタイトでコンパクトなシルエットを選びましょう。ただし、スキニーパンツやタイトスカートは足に自信がないと、なかなか着こなせませんよね。そこでオススメするのが「Iラインのカットソーワンピース」。カットソーはポンチ素材など適度な厚みとハリがあるものを選びましょう。すると下半身のラインが浮き出ずキレイにカバーアップされます。  また、ワンピースにすることでトップスとボトムスに境目が生まれず、コーデ全体もすっきりまとまって見えるのでさらなる着痩せ効果にもつながりますよ。

デニムジャケット+ハイライズのラップスカートorパンツ

デニムジャケット+ハイライズのラップスカートorパンツ ボリュームのあるデニムジャケットは上半身が重たく見えがち。インナーはできるだけウエスト位置を高くし、足が細く長く見えるようにコーディネートをすることがデニムジャケットを上手に着こなすコツです。  そこでもう1点、オススメのアイテムが「ハイライズのラップスカート」もしくは「ラップデザインの施されたパンツ」。ラップスカートやラップパンツで生まれる斜めのラインは、自然と下半身のボリュームを軽減させる効果を持ちます。通常のハイライズのスカートやワイドパンツを合わせるよりもウエスト、腰まわりをスッキリ見せるので、ボリュームのあるアウターとの組み合わせにも最適なんです。  ただし、スカートはフレアタイプだと下半身にボリュームが出てしまうので、必ずタイトシルエットのものを選んでくださいね。

デニムジャケットを新調する際は…

 今年、新たにデニムジャケットを新調するという方は、ぜひジャケットの着丈と素材に注意して良質なアイテムを選びましょう。とくに30代以降の大人世代は、オーバーサイズのアウターを着ても、どこか全体がきっちりしているような印象を与えないとだらしなく見えてしまいます。  デニムジャケットの着丈は骨盤あたりのミドル丈がボトムスとの組み合わせにも困らず、もっとも扱いやすいです。袖にボリュームはあってもOKですが、身幅はあまりワイド過ぎないものを選びましょう。素材は、柔らかいと生地が自立せずややだらしなく見えるので、ワンウォッシュなどの硬い素材のデニムがおすすめ。  ぜひ着こなしと合わせてデニムジャケットの選び方にも意識してみてくださいね! <文&イラスト/角 佑宇子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
角 佑宇子
(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105
Cxense Recommend widget
【ファッションのお悩み募集!】
ファッションスタイリスト&ライターの角侑子さんが、あなたのファッションの悩みにお答えします。相談したい方は、こちらのお問い合わせフォームまで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【ファッション相談】を入れ、お送りください。コーディネートのこと、体型カバーのことなど、ファッションに関することであれば何でもOKです。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。


あなたにおすすめ