Entertainment

冬ドラマの女優ベスト3。恋つづ・テセウス以上に魅せた意外な女優は…

 外出自粛で自宅に閉じこもりがちな昨今、いつもよりテレビをよく観ているという人は多いはず。こんな時も普段通りお手軽に楽しませてくれるドラマのありがたさよ。  というわけで、今期もドラマウォッチャー・林らいみが作品を盛り上げた女優の中から特に惹かれたベストアクトレスを独断と偏見で選出。勝手に表彰してしまいます。

名演賞 上白石萌音『恋はつづくよどこまでも』

 最終回まで視聴率が上がり続けた王道ラブコメ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系列)。その中でドジだけど一生懸命というこれまた王道な主人公を演じた上白石萌音は等身大の演技が好印象。  何かと大げさな表現が求められ、わざとらしくなりがちな役柄でしたが、嫌らしさを感じさせません。ドタバタな動きはお手のものだし、「冗談はよしこさん」はさらっと言ってのけ、もちろんシリアスなシーンもしっかりと演じ切り、とにかく器用で安定した演技力。
 また彼女は新人ナースらしくちょっとダサくて、なおかつくしゃっと笑った顔がキュート。親近感を覚えさせる素朴な女の子っぷりが素敵でした。

名演賞 白鳥玉季『テセウスの船』

『テセウスの船』(TBS系列)で主人公の姉・鈴の幼少時代を演じた白鳥玉季は、大人顔負けの演技が光りました。  幼い弟と一緒になってはしゃぐ様子は間違いなく小さな子供。だけど、弟をぴしゃっと叱るとき、ハリのあるしっかりとした声を出すからビックリ。発声が素晴らしい。  まったく躊躇せずさらりとセリフを発するのも印象的で、ナチュラルなレスポンスはつい唸ってしまうところ。大人びた演技をしたかと思いきや、改めて見直すとやっぱりその姿はまだあどけなくて、不思議な感覚を覚えるのでした。
 彼女の憂いを帯びた表情にも惹きつけられました。子役とは言え、とても華のある女優さん。数年後には若手実力派として成長した姿が見られるかも。
次のページ 
最高にクールだった女探偵
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ