Lifestyle

新型コロナで義母が変わった。毎日スーパーで食材を買い込み我が家へ…

 新型コロナウィルスの影響で、以前とは違う生活になってしまい、人間関係に変化が現れている人もいるようです。
新型コロナウイルス、マスク、風邪、インフルエンザ、通勤

写真はイメージです(以下同じ)

 義母との関係が変わってきた女性2人にお話を聞いてみました。

コロナ騒動で近所に住む義母がしょっちゅう来るようになった

 坂本奈菜子さん(仮名・33歳・主婦)と夫(32歳・会社員)の住む都内のマンションから徒歩10分の所に、義母(57歳)が引越してきて1年になります。 「ずっと義母は山梨県に住んでいたのですが、義父が亡くなってから、しばらく沖縄の友人宅にお世話になりながら気分転換していて」  そして昨年息子夫婦の近所に越してきたお姑さんは、適度な距離感で接してくれ、奈菜子さんはホッとしていました。 「出歩くのが好きなお義母さんは、しょっちゅう友達と遊びに行って楽しそうにしていたのですが…このコロナ騒動で誰も会ってくれないみたいで、毎日のようにうちに来るようになってしまって」  しかも「コロナに効くらしいから」と、アオサやヨーグルトに納豆、長芋などを大量に買って持ってくるのだとか。ありがたいことじゃないですか? 「毎日朝スーパーに並んでいるらしく、トイレットペーパーや、ティッシュもよく持ってきてくれるのですが…うちは夫婦2人でそんなに大量になくても大丈夫なのでと言っても聞いてくれなくて」 義母コロナで買いだめ

いさめてもスーパー通いを止めてくれず言い争いに

 義母は、毎日テレビを見て感染者数が増えていく不安からストレスが溜まり、買い物で発散しているように見えると奈菜子さんは語ります。 「買い占めはよくない事ですが、こうやって不安をまぎらわせるために、ついやっちゃうんだろうなと思いました。私と夫に『とにかく免疫力を高める食事をしてね』といっぱい食材をくれるのは嬉しいですが、正直もう冷凍庫はパンパンで持て余しています」  奈菜子さんが「もう食材は充分あるし、混雑しているスーパーに毎日行って感染したら嫌なのでしばらく行かなくていいのでは?」と提案してみても、毎日スーパーに行く事を止めないお姑さん。 「あまりにも言う事を聞いてくれないので、この間なんかついに言い争いになってしまいました。でも、お義母さん…毎年友達とお花見するのを楽しみにしていたので、可哀想なんですけどね」  一方、新型コロナの影響で義母との会話がうまくいくようになった女性もいます。
次のページ 
在宅勤務きっかけで無料公開のドラマにハマった
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ