Entertainment

三浦春馬のイケメン飯が話題!芸能界の料理男子4選

 コロナウイルスの影響により、1日中家で過ごしているという人がグンと増えました。この機会にすることといえば、掃除に料理……。
料理代行

※写真はイメージです

 4月9日のヤフートップには、ウェブメディア『withnews』が同日に配信した、「高校1年生が作る『お料理動画』人気」なる記事が掲載されました。元々料理に興味がなかった女子高生が、自身のTikTokにフルーツ飴を作る動画を投稿したところ、30万を超える「いいね」を集めたそうです。  現在SNSには、こうした料理の写真や動画があふれています。もちろん芸能界からも腕自慢が参戦。今回は、楽しい投稿をしてくれている「“隠れ”料理上手な男性有名人」を紹介しましょう。

三浦春馬 体に良さそうなイケメン飯

「イケメン飯」と話題になっているのが、俳優・三浦春馬の料理。三浦のインスタには「え、自炊するの?」というコメントが多く寄せられていますが、過去には料理研究家と対談しているほどです。
『Fight for your heart』

『Fight for your heart』

 3月30日にアップされた写真を見ると、玉子焼き、すきやき、しらす大根、納豆キムチ。しかも、「納豆と生卵は食べ合わせが悪いから、納豆を食べるときはたまごを焼く」「しらすと大根は食べ合わせが悪いが、お酢をかけたらいい」など、三浦の豆知識まで付いています。  これには料理上手な女優、水川あさみが反応。「春馬の手作り? やるじゃん」と褒めれば、三浦も「先生のレシピも今度教えてください」と“弟子入り”を志願しました。  以降も、カジキマグロのムニエルやたけのこの土佐煮、余った麻婆豆腐で作った春巻きなどをプチ情報と共に掲載。健康オタクとして知られる三浦らしい、体によさそうな料理ばかりが並んでいます。
 あれだけのイケメンで、しかも料理上手。「完璧すぎて結婚したい」「そーゆうとこも好きです」「ひょえええ、今日もご馳走様です」など、興奮したファンからのコメントが数百件寄せられています。これを食べられる人がうらやましい!

ムロツヨシ 「映えない家メシ」と自虐

「映えない家メシ」と自嘲しているのが、俳優のムロツヨシ。肉を焼き、玉ねぎを炒めて鍋にポンッーー。「いつまで煮込むか決めていない」「こっからどうするか ビール飲みながら考える」と行き当たりばったりで作る様は、まさに男飯です。
 ムロの料理はカレー、ポークソテーとシンプルですが、白ごはんが進む品ばかり。これまで自炊のじの字も見当たらなかったのに、これを機に「料理男子」として認識されつつあります。  また、SNSに集まったファンからのアイデアも実践。残ったカレーを牛乳などでアレンジした一品には「狂ったように美味い」と悶絶していました。
 晩御飯の残りを使った漬け丼を朝食にした写真を投稿した際は、「朝飯を載せるような男になったかぁ」としみじみ。自粛時間が新たな一面を発見させてくれたようです。
次のページ 
サンシャイン池崎もチャレンジ
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ