1. 女子SPA!
  2. 脱毛
  3. ワキの医療脱毛におすすめの医療クリニック!何回で効果が出るのかも解説
ワキの医療脱毛ができるクリニック6選!気になる効果や痛みなど徹底解説
2021.09.03

ワキの医療脱毛におすすめの医療クリニック!何回で効果が出るのかも解説

全身でムダ毛が目立ちやすい部位であるワキ。とくに薄着をする季節には、目立って気になりますよね。

その一方で、「ワキ脱毛は痛いイメージがある」「料金はどれくらい?」など、疑問をもつ方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ワキの医療脱毛が安いクリニックや、おすすめクリニックを紹介します

ワキの医療脱毛の回数目安や効果、痛みなどについても解説。ワキ脱毛を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

  1. ワキの医療脱毛ができるおすすめのクリニック
  2. ワキ脱毛だけ(1回)の値段が安い医療脱毛クリニック
  3. 共立美容外科
  4. ワキの医療脱毛は何回で効果が出るの?
  5. 何回で終わるの?
  6. ワキの医療脱毛に関するよくある質問
  7. ワキの医療脱毛の費用相場は?平均価格は?
  8. なぜワキ脱毛が安いの?
  9. ワキの医療脱毛は痛い?
  10. ワキ脱毛したのに生えてくるときの対処法は?
  11. まとめ|ワキの医療脱毛ができるおすすめのクリニックはここ!

ワキの医療脱毛ができるおすすめのクリニック

まずは、ワキの医療脱毛ができる、おすすめのクリニックを紹介します。

クリニック名ワキ脱毛の特徴ワキ脱毛1回の料金(税込)
TCB 東京中央美容外科 5回950円プランあり190円(5回プランの場合)
SBC 湘南美容クリニック 1回ワンコインで脱毛可能
500円
リアラクリニック 痛みの少ない施術4,070円

TCB 東京中央美容外科

TCB 東京中央美容外科
プラン名料金(税込)
ワキ脱毛/5回950円

TCB 東京中央美容外科は、ワキ脱毛が5回で950円でできるのが特徴。ワキ脱毛を初めてやる人や安く済ませたい人におすすめです。

また、蓄熱式ダイオードレーザーの脱毛機「メディオスターNeXT PRO」を採用しているため、 痛みを軽減することが可能です。さらに1回あたりの施術時間が短いメリットも。
 
麻酔も扱っており、麻酔クリームは1部位につき2,750円(税込)です。

院名都道府県
TCB札幌院北海道
TCB仙台院宮城県
TCB福島院福島県
TCB新宿三丁目院東京都
TCB池袋東口院東京都
TCB横浜駅前院神奈川県
TCB宇都宮院栃木県
TCB浜松院静岡県
梅田大阪駅前院大阪府
TCB京都駅前院京都府
TCB福岡天神院福岡県
TCB熊本院熊本県
TCB鹿児島院鹿児島県

(※)そのほかTCB郡山院、TCB新宿東口院、TCB銀座有楽町院、TCB渋谷西口院、TCB世田谷院、TCB品川院、TCB水戸院、TCB川口院、TCB心斎橋御堂筋院、TCB枚方院、TCB江坂院、TCB小倉院など

SBC 湘南美容クリニック

SBC 湘南美容クリニック
プラン名料金(税込)
ワキ脱毛/1回
500円
ワキ脱毛/6回2,500円

湘南美容クリニックは全国に100院以上展開している美容クリニック。ワキ脱毛は1回500円(税込)、6回コースを2,500円(税込)で受けることが可能です。

湘南美容クリニックの脱毛機は、アレキサンドライトレーザーの脱毛機「ジェントルレーズや、蓄熱式ダイオードレーザーの脱毛機「メディオスターNeXT PRO」のほか、医療用光脱毛を導入したオリジナル脱毛機「ウルトラ美肌」の3種類があります

どの機種を採用しているかは院によって異なり、機械の指定はできないですが、肌質や毛質にあわせて選んでもらえます。

院名都道府県
札幌院北海道
仙台院宮城県
新宿本院東京都
銀座院東京都
渋谷院東京都
横浜院神奈川県
船橋院千葉県
名古屋院愛知県
静岡院静岡県
広島院広島県
京都院京都府
大阪駅前院大阪府
福岡院福岡県
那覇院沖縄県

(※)そのほか福島院、新宿南口院、新橋銀座口院、表参道アネックス院、六本木院、高田馬場院、品川院、秋葉原院、武蔵小杉院、横須賀中央院、川口院、柏院、宇都宮院、水戸院、浜松院、金沢院、岐阜院、岡山院、高松院、松山院、大阪梅田院、大阪なんば院、大阪あべの院、姫路院、奈良院、小倉院、宮崎院、鹿児島院など

リアラクリニック

リアラクリニック
プラン名料金(税込)
ワキ脱毛/1回4,070円
ワキ脱毛/5回11,000円

リアラクリニックは、蓄熱式ダイオードレーザーの脱毛機を採用しているため、痛みが少なく短時間での施術が可能です。

LINEで予約が取れるところが通いやすさのポイント。電話やメールより気軽に予約を取れるため、忙しい方にも向いています。

また、予約日に急に施術を受けられなくなっても、予約時間までにクリニックへ連絡をすればキャンセル料は発生しません。

院名都道府県
新宿院東京都
新宿西口院東京都
池袋院東京都
名古屋院愛知県
名古屋栄院愛知県
京都院京都府

ワキ脱毛だけ(1回)の値段が安い医療脱毛クリニック

続いて、1回のワキ脱毛の値段が安い医療脱毛クリニックを紹介します。コスパを重視する方におすすめです。

クリニック名ワキ脱毛の特徴ワキ脱毛1回の料金(税込)
TCB 東京中央美容外科 5回950円プランあり190円
SBC 湘南美容クリニック 1回ワンコインで脱毛可能500円
共立美容外科 年間フリーパスあり3,520円

TCB 東京中央美容外科

TCB 東京中央美容外科

TCB 東京中央美容外科は、ワキ脱毛が5回コースで950円(税込)。1000円以内で、ワキ脱毛が気軽に受けられます。

また、カウンセリングやキャンセル料だけでなく、テスト照射も無料。痛みの度合いなどを事前に確認できるところがうれしいポイントです。

SBC 湘南美容クリニック

SBC 湘南美容クリニック

SBC湘南美容クリニックでは、1回500円(税込)とワンコインでワキ脱毛を受けられます。

ワンコインで医療脱毛できるクリニックはSBC 湘南美容クリニックだけ。最初からコースを契約するのは不安という方におすすめです。

6回コースでも2,500円(税込)とお手頃。麻酔は、麻酔クリーム1本2,000円(税込)と笑気麻酔1部位2,200円(税込)の取り扱いがあります。

共立美容外科

共立美容外科は、ワキ脱毛の年間フリーパスがあります。1年間自由に通えて、料金は21,120円(税込)。トライアルで1回ワキ脱毛をする場合は、3,520円(税込)です。

麻酔クリームの用意があるため、痛みが苦手な方もストレスなく施術を受けられます。

また、厚生労働省に認可された高出力脱毛機を使用しており、スピーディーな施術が可能。仕事帰りなどに脱毛に寄りたい方にも向いています。

ワキの医療脱毛は何回で効果が出るの?

気軽に受けられるワキ脱毛ですが、何回程度の施術で効果を実感できるのか気になるところ。

個人差はありますが、医療脱毛でワキ脱毛をする場合の平均回数は5回です

5回程度通うと、自己処理がほぼ不要になり、ムダ毛が気にならなくなるでしょう。

毛周期にあわせて、2〜3ヶ月に1回施術を受ける場合、約10ヶ月〜1年3ヶ月程度かかる計算になります。

何回で終わるの?

脱毛が完了するまでの回数は、部位ごとに異なります。

ワキ脱毛の場合、回数の目安は以下のとおりです。

回数期待できる脱毛効果
1回徐々に毛が抜けていくが、まだ生えてくる状態
3回毛が細くなり毛量が減少
毛が生えるスピードが遅くなる
5回毛量がさらに減少
自己処理がほぼ不要になる
8回自己処理不要なツルツル肌になる

それぞれの回数で実感できる効果について、詳しく解説します。

1回目〜2回目

1回〜2回では、まだ脱毛完了という仕上がりにはなりません。

少し毛量が減ったり、毛が抜けていく様子は実感できますが、まだ毛は生えてくる状態。

ワキは「ほか」の部位と比べて毛が太く、濃いため、根気強く通いましょう。

3回目〜4回目

3〜4回通うと、毛量の減少をしっかりと感じられます。

毛が生えるスピードもゆるやかになるため、自己処理も少し楽になるでしょう。

もともと毛が薄く、自己処理が楽になるくらいに仕上げたい方は、3〜4回でも十分に納得できる仕上がりになります。

5回目〜6回目

多くの方が、5〜6回の脱毛で自己処理が不要になり、納得のいく仕上がりになります

さらにツルツルを目指したい方は、6〜8回通う必要があります。

回数と効果には個人差がありますが、
回数を重ねれば重ねるほど、ムダ毛は抜け落ちていきます

納得いく仕上がりになるまで、焦らず通いましょう。

ワキの医療脱毛に関するよくある質問

最後に、ワキの医療脱毛に関するよくある質問をまとめました。

契約をする前に、ワキ脱毛の疑問を解決しましょう。

ワキの医療脱毛の費用相場は?平均価格は?

「医療脱毛ってぶっちゃけ高いの?」とワキの医療脱毛にかかる料金について気になる方もいるはず。

クリニックによって異なりますが、ワキの医療脱毛は5回コースのプランが多く、この場合の料金相場は約11,000円(※1)。1回分に換算すると、約2,000円ほどが目安となります。

また、ワキを含めた全身脱毛をおこなう場合、顔とVIOを含まない5回コースで約190,000円、顔とVIOを含む5回コースで約330,000円が平均相場です(※2)。

クリニックでワキの医療脱毛を契約する際には、自分の気になるプランが平均相場より高すぎないか、確認しましょう。

そのうえで、複数のクリニックを比較検討してから、自分に合う1社を選択することがおすすめです。

(※1)5社をもとに算出
(※2)15社をもとに算出

なぜワキ脱毛が安いの?

ワキ脱毛は、多くの脱毛サロンやクリニックで安く料金が設定されています。

脱毛を考えたとき、ワキ脱毛の安さに驚く方も多いはず。なぜワキ脱毛が安く設定されているのか、理由は主に以下のとおりです。

  1. 脱毛のお試しとして効果を実感してほしい
  2. 友達や家族に紹介してもらうなど口コミを増やしたい
  3. 脱毛サロンやクリニックを身近に感じてほしい

ワキは脱毛初心者でも試しやすい、人気の高い部位。初めての方向けに、お試しキャンペーンをおこなっている脱毛サロンやクリニックも多いです。

ワキは全身のなかでも毛が太く濃いため、脱毛効果を実感しやすい部位でもあります。

脱毛効果を感じることで、ワキだけ脱毛しようと思っていた方が、「ほか」の部位の脱毛にも興味を持って契約するケースもあります。

また、脱毛サロンやクリニックにとって、施術を受けてもらって、よい口コミを広めてくれることもメリット

脱毛を体験した方が、家族や友達に紹介してくれることで、顧客の増加にもつながります。

少し前までは芸能人やモデルが通うというイメージの強かった脱毛ですが、最近では脱毛をすることは一般的になっています。

脱毛を身近に感じてもらうためにも、気軽に試せるワキ脱毛を安く設定しているのでしょう。

ワキの医療脱毛は痛い?

医療脱毛の痛みの感じ方には個人差がありますが、ワキは毛が密集しているうえ、皮膚が薄い部位なので痛みを感じやすいです

そもそも脱毛の痛みの原因は、レーザーを照射したときに発生する強い「」が、毛根だけでなく周辺の皮膚に伝わること。

痛みが心配な方は、痛みの少ない脱毛機を使っているクリニックを選ぶこと、麻酔を使用することをおすすめします

医療脱毛で使用されるレーザーには、以下のような種類があります。

レーザーの種類特徴
ダイオードレーザー・レーザーの波長は中間
・細い毛から太い毛まで幅広い毛質に対応
・脱毛時の痛みが少ない
・ 強いエネルギーで照射する熱破壊式と、弱いエネルギーで何度も照射する蓄熱式の2種類がある

アレキサンドライトレーザー
・レーザーの波長が短い
・太くて濃い毛に効果的
・部位によっては脱毛時の痛みが強い傾向がある

ヤグレーザー
・レーザーの波長が長い
・太くて濃い毛に効果的
・日焼け肌にも対応できる
・脱毛時の痛みが強い傾向がある

レーザーには、ヤグレーザー、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーの3種類があり、それぞれ波長の長さや皮膚への届き方、毛のメラニン色素への反応などが異なります。

さらに、ダイオードレーザーには熱破壊式(HR式)と蓄熱式(SHR式)という2種類の照射方式があることがポイント。

  • 熱破壊式…高出力のレーザーを瞬時に照射する従来の方式
  • 蓄熱式…低出力のレーザーで熱をじわじわと加える方式。痛みが比較的少ない傾向がある

痛みを極力抑えたい方は、ダイオードレーザーの「蓄熱式」の脱毛機を選択するとよいでしょう

ワキ脱毛したのに生えてくるときの対処法は?

クリニックで受けられる脱毛は、医療脱毛の効果は、アメリカの定義に基づくもの。

その定義では、最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法が永久脱毛であるとされています

つまり、永久脱毛をしても、脱毛後に一定量の毛が生えてくる可能性はあるということです。

ワキ脱毛をしたのに、また生えてきてしまった場合、通っていたクリニックで再び施術を受けることは可能ですが、追加料金がかかってしまいます。

再び通い直すことになるのを避けたい方は、完全都度払い制のクリニックを選ぶ、気になる部位だけに家庭用脱毛器を使用することをおすすめします

まとめ|ワキの医療脱毛ができるおすすめのクリニックはここ!

今回紹介した、ワキの医療脱毛ができるおすすめのクリニックは、以下の3つです。

クリニック名ワキ脱毛の特徴ワキ脱毛1回の料金(税込)
TCB 東京中央美容外科 5回950円プランあり190円
SBC 湘南美容クリニック 1回ワンコインで脱毛可能
500円
リアラクリニック 痛みの少ない施術
4,070円

クリニックごとに魅力があるため、希望にあったクリニックを選びましょう。

ワキの医療脱毛は、5回以上でほぼ毛がなくなる状態を目指せるのがポイント。

医療脱毛は脱毛サロンに比べて料金の高い印象がありますが、通いやすい料金設定のクリニックもあります

また、痛みが心配な方は、痛みの少ない脱毛機を採用しているクリニックや、麻酔の使用が可能なクリニックを選ぶと痛みを軽減できるでしょう

ワキの医療脱毛ができるクリニックを探す際は、総合的に判断して自分にぴったりのところを見つけてください。

執筆者アイコンこの記事の執筆者