1. 女子SPA!
  2. 脱毛
  3. 生理中も脱毛できる?当日に来てしまったら?終わりかけなならできる?
脱毛 生理のKV
2021.10.08

生理中も脱毛できる?当日に来てしまったら?終わりかけなならできる?

「生理中に脱毛できるの?」

この記事では、生理中でも脱毛ができるのかという疑問を徹底調査。

結論から言ってしまうと、生理中に脱毛することは可能です。

しかし、脱毛できない部位もあるので、脱毛できるようになるタイミングも含めて詳しく解説していきます。

  1. 生理中に脱毛できるかは部位によって異なる
  2. 生理中に脱毛できない部位(VIO・お尻)
  3. 生理中に脱毛できる部位
  4. 医療レーザーなら大丈夫?
  5. VIO(デリケートゾーン)とお尻以外ならOK
  6. 生理中の脱毛を推奨しないのはなぜ?
  7. 生理中は肌トラブルが起きやすい
  8. 痛みを強く感じる可能性がある
  9. 生理中はムダ毛処理を避ける
  10. 脱毛予約日の当日に生理が来た場合はどうする?
  11. タンポンをしていてもバレる?
  12. 生理予定の前日などの予約は避けておこう
  13. 生理中も気にせず脱毛したいならクリニックを選ぼう
  14. ブラジリアンワックスなら生理中でも脱毛できる
  15. 生理中でも脱毛できるおすすめ医療3クリニック
  16. SBC 湘南美容クリニック
  17. フェミークリニック
  18. フレイアクリニック
  19. 生理中でも脱毛できるおすすめ脱毛サロン3社
  20. 銀座カラー
  21. ストラッシュ
  22. ミュゼ
  23. 脱毛に適した時期を解説!生理の終わりかけは?
  24. 生理前の脱毛はおすすめできない
  25. 生理中は無理しないで生理後の脱毛が望ましい
  26. 予約は生理終わりの4日目〜1週間後が理想
  27. まとめ

生理中に脱毛できるかは部位によって異なる

生理中であっても脱毛は可能です。

ただし、脱毛できるかどうかは脱毛する部位によって異なります。

また生理中に脱毛できる部位は、脱毛サロンやクリニックによって細かな違いがあります。

生理中に脱毛ができる部位とできない部位を紹介します。

さらに、なぜ脱毛ができない部位があるのか理由も解説します。

生理中に脱毛できない部位(VIO・お尻)

脱毛サロンやクリニックでは、VIOやお尻などのデリケートゾーンは生理中に脱毛できません

生理中にVIOやお尻の脱毛ができない理由は、施術中に脱毛機のヘッドやスタッフに経血が付着する可能性が高いため。

万が一、脱毛中に経血が付着した場合他のスタッフや脱毛中の方などに感染症を広げるリスクがあるからです

脱毛サロンやクリニックでは、衛生面を十分に考慮したうえで、生理中はVIOやお尻の脱毛をお断りしています。

生理中に脱毛できる部位

生理中であっても脱毛可能な部位はあります。

感染症のリスクが高いVIOやお尻などデリケートゾーン以外であれば、生理中でも通常通り脱毛をおこなう脱毛サロンやクリニックが一般的です。

脱毛サロンやクリニックによって一部違いはあるものの、生理中でも脱毛できる部位は以下のとおりです。

  • ワキ
  • おなか
  • 背中

基本的に生理中に脱毛をしても経血が付着しにくい部位は、生理中でも脱毛ができます。

ただし、一部の脱毛サロンやクリニックによって、部位に関係なく生理中の施術をおこなわないところもあります

脱毛サロンやクリニックを検討中の方はもちろん、とくに生理のタイミングが不規則な方は、生理中に脱毛ができるか事前に確認しておきましょう。

医療レーザーなら大丈夫?

一般的な脱毛サロンでは、生理中には脱毛できる部位とできない部位がありました。

ただし、医療レーザーを使用するクリニックに通っている場合、生理中の脱毛はできるのかどうか気になる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、生理中に医療レーザーで脱毛できる部位できない部位について紹介します。

VIO(デリケートゾーン)とお尻以外ならOK

医療レーザーでの脱毛は、VIOやお尻以外の部位であれば生理中でも脱毛できます

また、一部のクリニックではタンポンを使用すればVIOやお尻も脱毛できるところもあります。

ただし、生理中の肌の状態や体調によっては、脱毛を断られる可能性も。

生理中に医療レーザー脱毛をおこなう場合は、事前に体調などを確認したうえで脱毛をするかどうかを判断しましょう。

生理中の脱毛を推奨しないのはなぜ?

生理中であっても、多くの脱毛サロンやクリニックではデリケートゾーン以外であれば脱毛は可能です。

しかし、生理中の脱毛は推奨できません。

なぜなら、生理中は通常時とは異なる体の変化が起きている可能性があるからです。

そこでここからは生理中の脱毛によって起きる、さまざまなリスクについて解説します

生理中は肌トラブルが起きやすい

生理中はホルモンバランスが乱れるため、いつもより肌がデリケートになっています。

つまり、生理中は外部からの刺激で肌がダメージを受けやすい状態ということです。

少しの刺激であっても、生理中は炎症などの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

脱毛による刺激で肌を傷つけないためにも、生理中ではなく肌の状態が落ち着いてから施術を受けることをおすすめします

痛みを強く感じる可能性がある

肌がデリケートになる生理中は、肌トラブルのリスクが高まるだけでなく、いつもより痛みを感じやすくなっています。

脱毛サロンやクリニックで使用する脱毛機は熱エネルギーを利用して脱毛をおこなうため、多少の痛みを感じるものです。

しかし、いつもなら我慢できる痛みであっても、生理中は強い痛みを感じる可能性があります。

また、施術中に「痛みを感じるから」という理由で脱毛機の照射パワーを下げれば、その分通常の施術時よりも脱毛の効果を感じにくくなる恐れもあります。

普段から痛みに弱い方は、痛みを感じやすくなる生理中の脱毛は控えたほうがよいです。

生理中はムダ毛処理を避ける

生理中はホルモンバランスの乱れによって、いつもより肌の状態がデリケートになっています。

生理中にムダ毛処理をした場合、乾燥や肌荒れなどの肌トラブルが起きやすくなることも。

肌の状態が悪化する可能性を理由に脱毛を断られるケースもあるため、生理中のムダ毛処理は避けるべきです。

脱毛予約日の当日に生理が来た場合はどうする?

脱毛予約日の当日に生理が来た場合、まず通っている脱毛サロンやクリニックに連絡し、脱毛できるかどうかを確認してください

VIOやお尻などの部位以外であれば脱毛可能ですが、肌トラブルなどの可能性が高いため、生理当日の脱毛はおすすめできません。

ただし、脱毛予約当日にキャンセルする場合、確認しておきたいのがキャンセル料の有無です。

脱毛サロンやクリニックによってキャンセルの対応には違いがあるため、きちんと確認しておきましょう。

タンポンをしていてもバレる?

脱毛中はVIOやお尻に直接触れるため、タンポンをしていても生理中だとバレる可能性大です

生理中は、脱毛できる部位に脱毛を変更してもらうか、生理が終わってからVIOやお尻の脱毛をおこなうことをおすすめします。

ただし、医療レーザー導入のクリニックによっては、タンポンを使用すればVIOやお尻の脱毛ができるところもあります。

タンポンを使用できるかどうか分からない人は、通っているクリニックに直接連絡をしてみてください。

生理予定の前日などの予約は避けておこう

生理周期が安定している人は、生理予定日や前日を避けて脱毛予約を入れましょう。

なぜなら、生理予定日前であっても、肌や体調の変化が起こりやすいからです

また、生理予定日より早く生理がきてしまった場合、脱毛をキャンセルしなくてはいけないこともあります。

また、生理前は体調悪化や精神的な不調などのPMS(月経前症候群)がある人も、生理予定日前の脱毛予約は避けるべきです。

生理中も気にせず脱毛したいならクリニックを選ぼう

生理中はリスクが高いため、脱毛を受ける場合は注意をする必要があります。

しかし「仕事が忙しくてすぐに予約ができず、次回脱毛の日程が伸びてしまう」「当初の脱毛プラン完了時期にどうしても間に合わせたい」などの理由から、生理中に脱毛したい方もいることでしょう。

生理中も脱毛をしたいという方は、クリニックが適しています

生理中の脱毛にクリニックをおすすめする理由は、3つあります。

  1. 医師が常駐しているため、肌トラブルが起きてもすぐに対処できる
  2. タンポンを使用すればVIOなども脱毛可能なクリニックが多い
  3. 生理中は予約キャンセル無料となるクリニックが多い

医療用レーザーを使用した脱毛は医療行為のため、クリニックには医師と看護師が在籍しています。

生理中の脱毛で肌トラブルが起きた場合でも、医師による診察やトラブルに適した治療薬の処方をうけられます。

また、生理中のキャンセル無料やタンポン使用で脱毛できるクリニックが多い点も、クリニックをおすすめする理由です。

ブラジリアンワックスなら生理中でも脱毛できる

ブラジリアンワックスは、生理中もVIOやお尻の脱毛ができます。

ただし、生理中にVIOやお尻を脱毛する場合、タンポンを装着する必要があります。

生理中のVIOやお尻の脱毛ができるブラジリアンワックスですが、肌の赤みやかぶれなどの肌トラブルが起きる可能性には注意が必要です。

脱毛後の開いた毛穴に細菌が入って炎症を起こしやすく、いつもより脱毛の痛みを感じてしまうことも。

脱毛後の肌トラブルや痛みが気になる人は、生理中の脱毛は控えましょう。

生理中でも脱毛できるおすすめ医療3クリニック

ここでは、生理中でもVIOの脱毛ができる3クリニックをご紹介します。

生理不順でなかなか予定日を把握しずらい方や、生理が来てしまっても予定通り脱毛したいと考えている方は、参考にしてください。

SBC 湘南美容クリニック

SBC 湘南美容クリニック

湘南美容クリニックは、タンポンを使用することで生理中でもVIOの施術が可能です。

ただし、予約日は事前にトイレなどでウォシュレットを済ませたうえで来院する必要があります

また、VIOの施術中は使い捨ての紙ショーツに着替えるため、生理中でも経血で下着を汚してしまう可能性も低いでしょう。

痛みを感じやすい生理中は、VIOの施術時に痛みをやわらげる有料の麻酔クリームも使用可能です。

ただし、麻酔クリームは事前購入して来院時に自分で塗る必要があるため、ご注意ください。

生理中でもVIOの脱毛ができるクリニックですが、施術日2日前であれば、生理を理由に施術日の変更やキャンセルもおこなえます。

いつもより経血の量が多くて脱毛時に不安がある方、生理痛など体調の不具合があるときは早めにクリニックに問い合わせましょう

プラン名料金(税込)
パーフェクト全身コース(女性)60,900円/1回
181,290円/3回
232,000円/4回
297,000円/6回
全身コース(顔・VIO除く)50,720円/1回
149,720円/3回
174,240円/4回
244,200円/6回
ハイジニーナ(VIO)
9,800円/1回
28,500円/3回
54,000円/6回

湘南美容クリニックでは、VIO有無を選べる全身脱毛プランとVIOのみの部位別プランを設けています。

また、料金プランが5%オフになる会員制度や楽天ポイント付与制度など、お得になるキャンペーンも実施中です。

フェミークリニック

フェミークリニック

東京都と大阪府にあるフェミークリニックでも、タンポン使用で生理中もVIOの施術が受けられます。

しかし、フェミークリニックでは生理中はいつもより痛みを感じやすかったり脱毛後も赤みが引きにくかったりする恐れがあるため、可能であれば予約日の変更をすすめています

ちなみに、前日キャンセルした場合は施術時間30分ごとに1,000円、当日キャンセルだと施術時間30分ごとに2,000円のキャンセル料金が発生します。

ただし、施術日2日前であれば無料でキャンセルができるほか、キャンセルによるプラン回数消費もありません。

生理による予約キャンセルを考えている方は、できるだけ早めの連絡がおすすめです。

プラン名料金(税込)
全身脱毛207,900円/3回
297,000円/5回
全身脱毛+VIO(エチケット)396,000円/5回
ハイジニーナ脱毛132,000円/5回

フェミークリニックは、全身脱毛プランと部位別の2種類のプランがあります。

料金プランには薬代やシェービング代も含まれているため、自己処理が大変なVIOやお尻のシェービング代も無料です。シェービングはクリニックの看護師が担当し、施術前にVIOの自己処理をして肌を傷つけることもありません。

生理中のVIO脱毛ができてシェービングの必要のないフェミークリニックは、VIOの自己処理による肌荒れに悩んでいる方にも向いています

フレイアクリニック

フレイアクリニック

フレイアクリニックでは、タンポンを使用すれば生理中でもVIOやお尻の脱毛も可能です。

ただし、施術できるのは過去にタンポンを使用した方のみで、はじめてタンポンを使用する方は施術できません。

なぜならタンポンを付け慣れていない方は、タンポン使用時にめまい頭痛など体の不調が起きる可能性があるからです。

生理中にVIO脱毛を希望する方は、あらかじめ生理時にタンポンを一度使用しておきましょう。


VIO施術前に生理になった場合、フレイアクリニックでは予約を別日へと振り替えられます。

振替期限は予約日2営業日前20時までとなり、事前の申請なくVIOを除いた施術をしても、後日VIOの振り替え施術はおこなわれません。

また、予約日当日に生理になってしまっても、コース契約中1回までなら予約キャンセルや変更は無料です。

ただし、すでに1回キャンセルや変更をしている方が予約日の2営業日前を過ぎた場合、キャンセルや変更をすると施術1回分が消費されます。

プラン名料金(税込)
全身+VIO脱毛セット207,900円/1回
267,300円/5回
435,600円/8回
全身+VIO+顔脱毛セット250,800円/1回
360,800円/5回
576,400円/8回
VIO脱毛セット41,800円/1回
93,500円/5回
140,800円/8回

フレイアクリニックには、VIO込みの全身脱毛プランとVIO単体の脱毛プランがあります。

プランの回数も1~8回と豊富で、医療脱毛の効果をしっかり感じたい方にも適しています

また、フレイアクリニックでは、最大25,000円オフの学生プランや最大30,000円オフののりかえプランなど、全身脱毛プランがお得になるキャンペーンを実施中です。

生理中でも脱毛できるおすすめ脱毛サロン3社

続いては、生理中でもVIO以外の施術ができる脱毛サロンを3社ご紹介します。

VIO以外の脱毛を検討している方はもちろん、急な生理になってもキャンセルできる脱毛サロンを探している方にもおすすめです。

銀座カラー

銀座カラー

女性専用全身脱毛サロンの銀座カラーは、ビキニライン周辺以外の部位であれば生理中でも脱毛可能です。生理後にVIOを含めた全身脱毛をまとめて受けたい場合は、予約のキャンセルがおすすめです。

銀座カラーは当日を含めてキャンセル無料で、キャンセルの回数制限もありません。

急な生理になってしまい別日に予約を振り替えたいときも、キャンセル無料の銀座カラーなら安心です。

プラン名料金(税込)
W脱毛プラン
(エステ脱毛5回+医療脱毛5回)
270,000円(※1)
全身脱毛し放題プラン242,000円(※2)

(※1)VIOを含む全身22カ所が対象
当日契約時に誰でも利用可能な割引キャンペーンで6万円オフ後の価格

(※2)VIOを含む全身24カ所が対象
当日契約時に誰でも利用可能な割引キャンペーンで7万円オフ後の価格

銀座カラーの脱毛プランは、W脱毛プランと全身脱毛し放題プランとの2種類です。

2つのプランでは、VIOを含む22箇所か、顔・VIOを含む24箇所かをそれぞれ選択することができます。

VIOなどパーツ別のプランはありませんが、一気に全身脱毛から始めたいという方におすすめ。

また、銀座カラーは料金プランがお得になる割引キャンペーンが豊富です

来店当日の初回契約で最大60,000円オフになる当日契約割のほか、最大20,000円オフとなるはじめて割や学割、ペア割などもあります。

一部併用不可のキャンペーンもありますが、割引を組み合わせることでよりリーズナブルな金額で脱毛をはじめられます。

ストラッシュ

ストラッシュ

ストラッシュでは、VIOやお尻以外の部位であれば生理中でも脱毛可能です。

脱毛の痛みや肌へのダメージを抑える「SHR脱毛」を採用しているため、痛みを感じやすい生理中の脱毛にも適しています

さらに生理中の脱毛後に肌トラブルが起きても、複数のクリニックと連携しているストラッシュでは迅速にドクターサポートを受けられます。

また、生理を理由に予約をキャンセルしたいときは、予約日前日20時までに連絡をすればキャンセル料も無料です。

プラン名料金(税込)
全身脱毛105,336円/6回
169,950円/10回
199,980円/12回
288,684円/18回
406,780円/無制限
ハイジニーナ(VIO)脱毛47,278円/6回
85,778円/12回
122,078円/無制限

回数プランのほかに無制限のプランも用意されています。

VIO脱毛の無制限プランがあるのは珍しいため、回数を重ねてツルツル肌を目指す方に向いています

ストラッシュでは、全身脱毛プラン料金が最大30%オフになる4種類のキャンペーンを実施中です。

各プランの割引額や割引対象となる方はキャンペーンによって異なりますので、詳細はカウンセリング時に問い合わせましょう。

ミュゼ

ミュゼ

ミュゼでは、生理中にVIOやお尻を含めたデリケートゾーンの施術は不可能です。

ただし、体調が良好で当日に痛み止めなどの薬を服用していない場合に限り、生理中でもデリケートゾーン以外の脱毛はできます

キャンセル料は無料のミュゼですが、当日キャンセルは消費回数分の返金はありません。

予約開始時間の24時間前までであれば、回数消費なくキャンセルが可能です。

全身脱毛プランでデリケートゾーンの施術を予定していた場合、生理中は顔やほかの部位に施術を変更できます。

会員サイトやアプリからの部位変更はできないため、変更希望時は通っている店舗へ直接電話してください。

プラン名デイプラン料金(税込)(※)レギュラー料金(税込)(※)
全身脱毛コースライト55,200円/1回
66,612円/4回
101,864円/6回
66,200円/1回
79,872円/4回
121,754円/6回
全身脱毛コース73,700円/1回
89,620円/4回
135,406円/6回
88,400円/1回
108,652円/4回
163,954円/6回
ハイジニーナ7VIO脱毛コース21,000円/1回
24,960円/4回
38,216円/6回
25,300円/1回
30,888円/4回
45,550円/6回

(※)1回以外は、季節のキャンペーン最大69〜70%オフ(アプリダウンロードやLINE連携チケットなど)を適用した価格

ミュゼでは部位や全身脱毛プランのほかに、通う時間帯で料金が異なるデイプランとレギュラープランを用意しています。

平日12~18時のみ利用可能なデイプランは、レギュラープランよりお得な料金で脱毛に通えるプラン。

平日時間に余裕のある学生の方や平日休みの方におすすめです。

脱毛に適した時期を解説!生理の終わりかけは?

脱毛に適していない時期は、ホルモンバランスが崩れやすい生理中のみだと思っていませんか?

実は、脱毛には適している時期と適していない時期があります。

そこで、生理中以外に脱毛を避けた方がよい時期と、脱毛に適した時期についてご紹介します。

生理前の脱毛はおすすめできない

生理が始まる前は、経血もなくVIOの脱毛も通常通りおこなえます。

しかし、生理前のタイミングの脱毛には注意が必要です。

なぜなら、生理前のタイミングはPMS(月経前症候群)の症状が出る可能性があるからです。

イライラなど精神的な症状が代表的なPMSですが、実はむくみや頭痛、肌トラブルなどの身体的症状が出ることもあります。

生理前であっても脱毛時に体調を崩したり痛みを強く感じたりするため、生理前の脱毛は避けましょう。

とくに、黄体ホルモンが増える生理1週間前(黄体期)は肌が敏感になっているため、脱毛はおすすめできません。

生理周期が安定していない方は、日頃からアプリなどで生理周期を管理しておくとよいでしょう。

生理中は無理しないで生理後の脱毛が望ましい

生理後1週間のタイミングは脱毛に最も適している時期です。

ホルモンバランスが崩れる生理前や生理中と違い、生理後1週間はホルモンバランスが整う時期です

また、肌の生成を促進する女性ホルモン(卵胞ホルモン)が増えるため、通常よりも肌トラブルが発生しにくくなります。

さらに、ホルモンバランスが整うと精神的にも安定し、脱毛中に気分が悪くなるなどの症状も避けられます。

ただし、生理の終わりかけのタイミングは別です。人によっては「経血が少ない生理の終わりかけはなぜダメなの」と思う方もいるかもしれません。

生理の終わりかけの時期は、ホルモンバランスが整う前の段階です。経血などの症状がなくてもホルモンバランスは乱れている可能性が高いため、生理後1週間の脱毛をおすすめします。

予約は生理終わりの4日目〜1週間後が理想

生理後に脱毛予約を入れるなら、生理が終わってから4日目~1週間後にあたる日がおすすめです。

生理終わりの4日目~1週間後は、経血が完全に止まってホルモンバランスが安定する時期。

また、この頃は生理痛などの症状も収まるため、脱毛中に体調不良を起こす心配もありません。

まとめ

生理中の場合、衛生面の観点からVIOやお尻などデリケートゾーンの脱毛ができないところが多数です。

ただし、タンポン使用を条件に生理中でもVIO脱毛が可能なクリニックもあります。

生理中で通常通りVIOの脱毛をしたい方は、医療脱毛のできるクリニックでの脱毛を選びましょう

しかし、大きくホルモンバランスが乱れる生理中は、肌がデリケートになり肌トラブルが起きやすいタイミングです。

生理中は脱毛後に体調を崩す恐れもあるため、体調を最優先に考えるべきです。

無料キャンセルの期限は脱毛サロンやクリニックによって異なるため、生理で脱毛に通うのが難しい場合は早めの段階でキャンセルや予約日の変更をおすすめします

執筆者アイコンこの記事の執筆者