1. 女子SPA!
  2. 脱毛
  3. 妊娠中に脱毛できない4つの理由!胎児への影響など専門医による解説も
妊娠中に脱毛できない4つの理由!胎児への影響など専門医による解説も
2021.09.07

妊娠中に脱毛できない4つの理由!胎児への影響など専門医による解説も

脱毛へ通っている最中に妊娠が発覚したら、どうしたらいいか不安に思う方もいるのではないでしょうか。

お腹にいる赤ちゃんに影響はある?」「妊娠で脱毛を中断したらこれまでの効果はなくなる?」などの疑問もあるはず。

この記事では、
脱毛中に妊娠したときの疑問に関して、専門医の先生からのコメントも交えて詳しく解説します

最後まで読んで、妊娠中の脱毛に関する不安を解消しましょう。

  1. 妊娠中は脱毛できない!4つの理由を解説
  2. ①肌トラブルが起こりやすくなるため
  3. ②痛みを感じやすくなるため
  4. ③体調が悪くなる恐れがあるため
  5. ④脱毛の効果を実感しづらい
  6. もし妊娠中に脱毛したら胎児への影響はある?
  7. 妊娠して脱毛を中断したらこれまでの効果は失われる?
  8. 脱毛の途中で妊娠したときの対応方法は2つ
  9. スタッフに相談して休会する
  10. 産後の再開が難しい場合はコースを解約する 
  11. 妊娠中の自己処理で気を付けるポイント
  12. 産後に脱毛を再開できる時期について
  13. まとめ

妊娠中は脱毛できない!4つの理由を解説

基本的に、妊娠中に脱毛することはできません

理由として、以下の4点が挙げられます。

  1. 肌トラブルが起こりやすくなるため
  2. 痛みを感じやすくなるため
  3. 体調が悪くなる恐れがあるため
  4. 脱毛の効果を実感しづらくなるため

ここからは、それぞれの理由について詳しく解説します。

①肌トラブルが起こりやすくなるため

妊娠中はホルモンバランスが乱れやすくなるため、肌が荒れやすくなります。

肌が荒れた状態で脱毛すると、光や
レーザーの熱による赤みや痛みが原因で、さらに肌荒れを悪化させることに繋がります

また、肌に炎症が起こることで、黒ずみの原因になる場合も。

脱毛を受けたことによって肌トラブルが起きた場合、
妊娠中は薬の処方ができないことがあります

トラブルを未然に防ぐためにも、妊娠中の
脱毛は避けましょう

②痛みを感じやすくなるため

妊娠中に脱毛の施術を受けると、痛みを感じやすくなる点があります。

肌の水分量の変化によって、妊娠中の肌は乾燥しやすく、敏感になりやすいためです

そもそも、脱毛時に痛みを感じる原因は、光や熱が肌に伝わることにあります。

乾燥している肌はバリア機能が低下するため、光や熱の吸収率が高まることで痛みを感じやすくなります


以下、専門医の川﨑加織先生からのコメントです。

川﨑 加織

妊娠中は女性ホルモンの関係で皮膚が過敏になっています。

痛みやかゆみを感じやすかったり、赤みや発疹など予期せぬトラブルが発生することがあります。

また、妊娠中は痛みの影響で、お腹が張る場合もあるため、脱毛は控えましょう

③体調が悪くなる恐れがあるため

妊娠中はつわりなどがあり、体調が不安定になりやすいです

普段の生活では気にならないような、
ちょっとしたニオイだけで気分が悪くなる場合があります

脱毛サロンやクリニックによっては、施術時に使用するジェルやタオルに香りが付いていることがあります。

施術中以外にも、脱毛に通う道中の電車やバスなどのニオイで気分が悪くなる場合も。

また脱毛の施術中は、長時間同じ体勢を保ち続ける必要があります

同じ体勢を続ける場合、血流の流れが悪くなり、むくみの原因にもつながります。

このように、妊娠中の脱毛は、身体への負担が大きいため避けましょう

④脱毛の効果を実感しづらい

妊娠中は、ホルモンバランスが乱れることで脱毛の効果を実感しづらくなります。

ホルモンバランスが乱れることで、毛が生え変わる周期である「毛周期
も乱れやすくなります。

脱毛は、毛周期にあわせておこなうことでより効果を発揮できるため、毛周期が乱れていると脱毛効果を感じづらくなります。

また妊娠中は、ムダ毛が生えやすくなったり、体毛が濃くなったりする場合も

川﨑 加織

妊娠中は体毛が濃くなる方が見られます。

これは妊娠中の体を外的刺激から守ろうとするホルモンの作用によるものです。

ですので、この間に脱毛をおこなっても、妊娠前よりも脱毛効果が得られていないように感じることもあるかと思います。

毛の成長を促すホルモンの分泌量が増えることで、脱毛の施術を受けても効果を実感できないことがあります

せっかく脱毛を受けても、十分に効果を実感しづらい場合があるため、妊娠中の脱毛は避けた方が効率的です。

もし妊娠中に脱毛したら胎児への影響はある?

妊娠に気づかないまま何度か脱毛を受けた場合、「お腹にいる赤ちゃんに影響はある?」と不安に思う方もいるはず。

結論から、脱毛の
施術自体がお腹にいる赤ちゃんに影響を及ぼすことはありません

川﨑 加織

妊娠に気づかずに脱毛しても特に問題はありません。

胎児へのリスクや影響もないと考えます。

脱毛するときのレーザーは、肌の表面にある色素に反応するため、体内への影響はありません。
  
ただし、脱毛の施術による赤ちゃんへの影響は、すべて解明されていないため、
妊娠中の脱毛は推奨できません

大事を取って、妊娠中の施術を断る脱毛サロンやクリニックがほとんどであるため、妊娠が分かった時点で脱毛はストップしましょう。
  

妊娠して脱毛を中断したらこれまでの効果は失われる?

妊娠が発覚して、脱毛を途中で中断する場合、「これまでの脱毛効果は無駄になるの?」と心配に思う方もいるはず。

結論、途中で脱毛をストップしても、効果が失われることはありません。

川﨑 加織

完全に脱毛された部分は、毛の再生がされにくいため、途中で中断しても、それまでの施術が無駄になることはありません。

脱毛効果を得るにあたって重要なポイントは、毛周期にあわせて通うこと。

次の施術まで期間が空いた場合にも、毛周期にあわせたタイミングで脱毛を受ければ、問題ありません。

完全にこれまでの効果が失われる心配はないため、脱毛中に妊娠が発覚した場合は、速やかに中断しましょう。
  

脱毛の途中で妊娠したときの対応方法は2つ

脱毛中に妊娠が発覚した場合、どのような対応を取ればよいのでしょうか?

正しい対応として、大きく以下の2つがあります。

  1. スタッフに相談して休会する 
  2. 産後の再開が難しい場合はコースを解約する  

それぞれ詳しく見ていきましょう。

スタッフに相談して休会する

一つ目の対応として「休会する」という手段があります。

妊娠が発覚したら、すぐに次回の脱毛の予約をキャンセルし、通っている脱毛サロンやクリニックに休会することを相談しましょう。

休会制度を用意している脱毛サロンやクリニックは多くあり、産後に再開する際は、契約プランの残り回数をそのまま利用することが可能です。

しかし、契約期間に縛りがあるところもあるため、事前に契約期間について確認してください

また、以下の内容に関しても予め確認しましょう。

  • 休会に手数料が発生しないか
  • 休会できない場合、返金保証があるか

休会するときの保証内容は、契約プランによって異なることもあるため、通っている脱毛サロンやクリニックに問い合わせましょう。

産後の再開が難しい場合はコースを解約する 

産後は育児などで忙しくなるため、脱毛の再開が難しいと思う方もいるはず。

妊娠や出産に伴い、脱毛を続けることが難しくなった場合は、解約するのも一つの手です。

解約手数料が発生しない脱毛サロンやクリニックもあるため、解約するときは、手数料や解約金について確認しましょう

また、契約コースによって解約時の条件は異なるため、事前に確認が必要です。

なかには解約金がかかってしまうところもあり、思わぬ出費が発生してしまうことも

妊娠中に金銭面での不安を抱えないためにも、解約金の有無は事前にチェックすることがおすすめです。

妊娠中の自己処理で気を付けるポイント

妊娠中の脱毛は控えるべきであるものの、腕やヒザ下などのムダ毛は目に見えやすいため、気になるところです。

「ムダ毛の自己処理は妊娠中にしてもいいの?」という疑問について、基本的に妊娠中の自己処理は、肌に負担がかかるため控えることをおすすめします

その理由として、川﨑加織先生から以下のようなコメントが述べられています。

川﨑 加織

妊娠中は肌が敏感になっています。

痛みを感じやすかったり、赤みやかゆみ、発疹など予期せぬトラブルも生じやすいかと思います。

しかしどうしてもムダ毛の処理が必要な場合、以下のポイントに気をつけましょう。  

  • 剃刀、除毛クリーム、毛抜きは使わない
  • 保湿をしっかりとおこなう
川﨑 加織

入浴時十分に毛が柔らかくなった状態で、泡やワックスなどをぬったあとに電気シェーバーで処理するのがいいです。

T字剃刀などは皮膚を直接気づ付ける恐れがありますので、控えたほうが賢明です。処理をしたあとは保湿クリームなどで肌を整えましょう。

また妊娠中はお腹が大きくなり、思うように身体が動かせなくなるため、VIOや背中などの自分から見えにくい部位は処理がしづらくなります。

自己処理中はケガをしないように気を付けて、自分の身体を労わることを優先しましょう。

産後に脱毛を再開できる時期について

産後に脱毛を再開したいと思った場合、いつ頃が最適な時期か知りたいですよね。

脱毛を再開できるタイミングは、産後に約
23回生理が来て、生理の周期が安定してきた頃。

脱毛サロンやクリニックによっては、
授乳が終わった後を再開する時期と設定しているところもあります。

自分が通っているところのスタッフの指示に従って行動しましょう。

また、体調が変化しやすい時期は施術を避ける必要があるため、再開のタイミングは体調が万全な状態である時期にしてください

まとめ

肌や身体に負担をかけないためにも、妊娠が発覚したらすぐに、脱毛は中断しましょう

胎児へ直接的な影響はないものの、万が一のことを想定して、妊娠中の脱毛を断る脱毛サロンやクリニックも多いです。

また、脱毛を中断してもこれまでの効果が失われる心配はありません。


妊娠中は自分の体調を最優先にして、脱毛やムダ毛の処理は控えましょう。