Entertainment
News

サッカー日本代表のイケメンは誰?意外な5人が海外女性誌に選ばれた

 サッカーワールドカップ(W杯)第一戦で、格上のコロンビア相手に歴史的な勝利をあげた日本代表。

 W杯では世界各国から集まった一流選手たちの華麗なプレーを観られるのはもちろん、各国のイケメン選手に見惚れるのも醍醐味の一つです。

サッカー日本代表

JMPA代表撮影(榎本麻美)

 大会直前、海外の有名女性誌が次々と「最もセクシーな選手」を発表。果たして、日本代表からは誰が選出されているのでしょうか?


有名女性誌の神フィフティーンに輝いたのは日本の“守備の要”!


 筆者の住むアメリカでは、もともとサッカー人気が低く、しかも、7大会連続で出場してきたアメリカ代表がまさかの予選敗退したこともあって、今回のW杯はまったくと言っていいほど盛り上がっておりません。

 そんな中、『ヴォーグ Vogue』米版が“スポーツにあまり興味のない女子でもW杯を楽しめる方法”として、イケメンプレーヤーを愛でることを提案。


 出場32カ国、スタメンだけで考えても400人近くはいる選手の中から厳選された15人のセクシーな選手を挙げ、「彼らはプレーで感動させてくれるだけでなく、目の保養にもなり得る」と熱っぽく紹介しました。

 同誌にイケメン認定され、見事に神フィフティーンに輝いた選手の中に、日本代表が一人! 先日のコロンビア戦でもスタメンで出場した、吉田麻也(よしだ まや)選手(29)がそのイケメン。

Maya Yoshidaさん(@mayayoshida22)がシェアした投稿


 日本の守備の要として活躍する彼を、「“守備の岩”と呼ばれる男。冷静沈着なディフェンダー」と絶賛しています。

 それにしても、さすがは最先端を行く女性誌。誰もが知るポルトガル代表のクリスチャーノ・ロナウド(33)を外し、吉田選手を推してくるあたりにこだわりを感じます。

推しメンは武藤?日本代表の隠れイケメンとは?


 一方、『Wマガジン W Magazine』は各出場国から一人ずつ推しメンを選ぶという念の入れよう。確かに、これならどこが決勝ラウンドに残っても楽しみが長続きしそうです。

 日本代表の中で同誌がイチオシするのは、初のW杯参戦となるフォワードの武藤嘉紀(むとう よしのり)選手(25)。


 残念ながらコロンビア戦では出場しませんでしたが、ハリルホジッチ前監督に冷遇されていたという隠れイケメンの今後の活躍に注目しましょう。

 また、『エル ELLE』では総勢65名のイケメンプレーヤーを選出。日本選手もランクインしているに違いないと見てみると、槙野智章(31)、酒井高徳(27)、香川真司(29)、そして『Wマガジン W Magazine』の推しメン、武藤の4人の選手が選ばれていました。

ADIDASTOKYOさん(@adidastokyo)がシェアした投稿


 特に、槙野選手は先頭で紹介され、記事トップのメイン写真にも使用されるなど、かなり海外では関心が高いことが伺えます。今年2月に女優の高梨臨と結婚したことも、日本では話題だったようですね。


 世界も注目するイケメン選手が揃う日本代表。引き続き大きな声援を送っていきましょう!

「Vogue」https://www.vogue.com/article/world-cup-2018-hottest-players
「W Magazine」https://www.wmagazine.com/story/world-cup-2018-hot-football-soccer-players
「Elle」https://www.elle.com/culture/a21562277/hot-footballers-world-cup-soccer-snacks/

<TEXT/アメリカ在住・橘エコ PHOTO/JMPA代表撮影(榎本麻美)>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

橘エコ
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。 ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。




あなたにおすすめ