Lifestyle

義実家に帰省したら、夫の妹に風呂で胸を揉まれてドキッ。理由を聞いてみたら

 小姑と聞けば、「姑よりも要注意!」「意地悪な小姑とバトルに…」なんて、トラブル話のイメージがあるのではないでしょうか。今回は、トラブルとは無縁だった仲の良い小姑に、ドキッとさせられてしまった驚きのエピソードを聞きしました。

小姑とは名ばかりの可愛い妹的存在

小姑とは名ばかりの可愛い妹的存在

写真はイメージです。

 お話を聞いたのは、結婚4年目の朋花さん(仮名・29歳)。  年の瀬、ちょうど出産後の落ち着いてきたタイミングだったので、朋花さんは義実家へ帰省することになりました。しかし夫は当時任されていたプロジェクトが多忙だったため、息子とふたりで帰省することに。  2年ぶりの義実家はリフォームされており、見違えるほど綺麗になっていたそうです。  綺麗になった義実家を眺めていると、玄関まで夫の妹の令美さん(仮名・17歳)が出迎えてくれました。 「令美ちゃんは妹みたいな存在で、すごく仲がいいんです。今回の帰省で久しぶりに会ったんですが、別人かと思うくらい成長していてビックリしました」

一緒にお風呂入ろうと誘われる

一緒にお風呂入ろうと誘われる

義実家周辺ののどかな風景(朋花さん写真提供)

 東京に住む朋花さんの土産話でふたりは盛り上がり、気がつけば夜になっていました。  義両親たちと一緒に夕食を済ませ、義母のはからいで朋花さんは一番風呂をいただくことに。息子を義母に預け、ピカピカのお風呂で朋花さんは疲れを癒していました。  するとドアの向こうからコンコン、と小さな音がして、目をやると、そこには小姑の令美さんが立っていたそう。 「おねえちゃん、一緒にはいっていい?」と茶目っ気たっぷりに言う令美さん。前回の帰省でも一緒に入っていたので、朋花さんは快くOKしました。 「前一緒に入った時はまだまだ子供だったのに、体はまるで大人になっていて…。もう年頃なんだと実感しました」
次のページ 
突然の一言にドキッ
1
2
3
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ