Entertainment

家事は全部夫の役。コキ使われる夫が“ヨメちゃん”を爆笑漫画に

それでもヨメちゃんを好きなわけ

 漫画を描くようになったきっかけを聞いてみたら、その理由がなんとなくわかりました。 「ミナが僕の描いたイラストを見て、『結構うまいじゃん。私たちの仲のいいところ、漫画にしてブログに載せてみなよ』と勧めてきたんです。そう言われて、子供の頃、漫画家になりたいと思っていたことを思い出しました。  当時、僕は30代後半で、新しいことを始めるには遅すぎると思っていたんです。でも、ヨメの愚痴を描いたヘタクソな4コマ漫画がどういうわけか一部で注目されて、書籍化までされて、40過ぎて夢がかなってしまった。  ミナはいろんな意味で、僕の新たな可能性を引き出してくれるんです。不本意ながら、自分が“いい夫”と言われるとは思ってもいなかったし……」(コウイチさん) ヨメちゃん3「これからも、コウイチさんが完璧な夫になるまで、しつこく言うからな」(ミナさん) 「ヨメがこんなやつだから漫画のネタもできたわけだし、と自分を納得させてます(笑)」(コウイチさん)  ムカつくこともあるけれど、一緒にいるとやっぱり面白い。だから“ヨメ”の残念さもすべて受け入れてるのだな、と感じました。  ちなみに、漫画のネタはすべてミナさんに検閲されているそうです。
ヨメちゃん家族

コウイチさん、ミナさん、お子さん

<文/女子SPA!編集部> 【桜田麩コウイチ(さくらでんぶ・こういち)さん】 某IT企業に勤める40代サラリーマン。2014年にヨメ(ミナ)と結婚。ヨメに対する愚痴を4コマ漫画でブログに掲載したところ一部で話題となり、現在はアメブロ公式トップブロガーとして結婚生活の嘆きを日々更新中。ブログ『残念なヨメちゃん!』同名の書籍に Twitter: @yomebaka
女子SPA!編集部
ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ