Beauty

“闇整形”に失敗して激痛が数か月…。危険なのに手術するのはなぜ?

一部の在日外国人コミュニティを中心に、無資格で美容整形外科手術を行う店が全国で増加しているという。同時に、日本の処方薬の転売も盛んに行われているが捜査は及ばず、実質的に野放しの状態だ。その実態に触れた。 【関連記事】⇒“闇”整形が全国で増加中。無資格の外国人が営む違法クリニックに記者が潜入してみた 【関連記事】⇒中国系SNSで「闇転売」される日本の処方薬。薬局や病院から横流しの実態

整形失敗で激痛が数か月。医師にも相談できず……

整形

写真はイメージです(以下同)

“闇整形職人”たちはこぞって「これまで失敗例はない」と豪語するが、不完全な医療知識では当然そのようなはずはない。 二年ほど前にWeChat経由で闇整形したという中国人女性のDさん(42歳)は、手術後の不具合に今も悩まされている。 Dさんが施術を受けたのは埼玉県・西川口にあるマンションの一室。そこでは二重手術、顎のインプラント、顔のリフトアップ、ヒアルロン酸注射を提供していたという。Dさんが受けたのは、顔のリフトアップ。一定期間たつと溶ける糸を挿入し、筋肉を引き上げることでシワやたるみをなくす手術だ。 だが、ずさんな施術により被害を受けることに。 「顔に糸を挿入する際、切開した部分に炎症が起きて顔が腫れ上がってしまいました。とても痛くて大変でした。手術をした女性は、『こうした症状は誰にも起こるし問題ない』と言って痛み止めをくれましたが、その後も治る気配がありませんでした」

「今も平然と整形の仕事を続けている」

整形違法手術を受けたことが知られるのを恐れて通常の病院にかかることもできず、痛みを我慢し続けたDさん。炎症は数か月後にようやく治まったという。 「その業者は返金にも応じてくれなかったし、今も平然と西川口で整形の仕事を続けていて腹が立ちます。さらに、抗議をしたらSNSをブロックされて連絡が取れなくなりました」 ただでさえリスクが高いうえに、自己責任まで求められる闇整形。万が一トラブルになっても、泣き寝入りする以外の道がないのだ。
次のページ 
在日外国人社会との断絶も闇整形が跋扈する一因か
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ