Beauty

40代で見直すファンデーションの色選び、“似合う色”を選ぶのはNG

チークとリップは青で攻める

 土台が完成したら、いよいよ青の登場です。チークとリップは「青みのあるピンク」が必須。しかし日本人の肌はもともと黄みがあり、年齢とともにそれは強くなっていく、というのは解説したとおり。青みのあるピンクであっても、肌にのせると多少黄みよりに発色する場合もあるのだとか。 チークとリップは青で攻める すでに経験済みの方も多いと思いますが、見た目の色と肌にのせた時の色って違いますよね。こんなはずじゃなかった、と後悔した方もいるかもしれません。青みのあるピンクも同様に、「そんなピンクは、肌の色に合わないのでは?」と心配してしまうかもしれません。でも大丈夫、「ラベンダーピンクの下地+ピンク系ファンデーションで土台をつくった肌に青みのあるピンクをのせると、みずみずしさが共鳴し合って、少女のような頬と唇が出現します」と本書が太鼓判を押しているのです。  今までの常識をくつがえさなければならないので、最初は抵抗があるかもしれません。でもトライした方は「もう元には戻れない」と言うのですから、やってみない手はありません。ファンデーション、チーク、リップ。三位一体となって色を合わせていけば、こちらも同化現象が起こり、純度の高い透明感が生まれるそうです。

NGカラーはオレンジ

NGカラーはオレンジ 透明感と対極にある色は、なんとオレンジ。若々しくフレッシュな色で、元気パワーをもらえそうですが、残念ながら40代以降は避けたほうが無難。もともとオレンジは黄色の比率が高い色、実年齢よりも老けて見られてしまう可能性があります。  さらに「ニキビ跡、湿疹、炎症、開いた毛穴などもオレンジ色」。オレンジをつけるとまたもや同化現象が起こり、欠点が強調されてしまうというわけ。「ピンクの中でもオレンジ寄りのコーラルピンクやサーモンピンクもこの括りに入ります」というのですから、ピンク選びにもご用心。  失われていく若さを実感する40代。鏡を見てあきらめモードになるのではなく、大人の時間の幕開けととらえ、ヘアメイクもファッションも、新たにチャレンジしていこうじゃありませんか。 <文/森美樹>
森美樹
1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)、『母親病』(新潮社)、『神様たち』(光文社)を上梓。Twitter:@morimikixxx
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ