Entertainment

土屋太鳳とデート報道の北村匠海ってどんなヒト? 10歳で意外なデビュー

 先日、女優の土屋太鳳のダブルデートが報じられました。

「土屋太鳳 2018年 カレンダー 壁掛け」

「土屋太鳳 2018年 カレンダー 壁掛け」トライエックス

 都内の高級焼き鳥店で男女4人で会っており、いい雰囲気であったと7月19日発売の女性週刊誌「女性セブン」(小学館)に書かれていましたが、実際のところはどうやら仲良しのメンバーでの誕生日会で集まったという説が濃厚。

 土屋太鳳自身もInstagramにて男女の友情について「私は誰が何と言おうと異性の友情は存在する派で、幼馴染にも大親友にも女子だけでなく男子がいます」など長文で語り、遠回しに否定しています。

 そして、このダブルデートのお相手として報道されたのが、今やドラマや映画だけでなく、ミュージシャンとしてもマルチに活躍している俳優の北村匠海(きたむら・たくみ)。

北村 匠海

北村 匠海 著, 小嶋 淑子 写真「『君の膵臓をたべたい』featuring TAKUMI KITAMURA」双葉社

 この夏はCMでも姿を見る機会が増えてきましたね。今回は、そんな彼にスポットを当て、改めて紹介したいと思います。

小学校3年生で事務所にスカウト、『みんなのうた』で歌手デビュー


 北村匠海は1997年生まれの20歳。なんと小学校3年生だった2006年にスカウトされ、現在の事務所に所属しています。

北村匠海&松本俊明 「リスに恋した少年」

北村匠海&松本俊明 「リスに恋した少年」ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

 2008年には早くも音楽活動をスタート。NHK『みんなのうた』で放送された「リスに恋した少年」で歌手デビューをしました。同年、林遣都が主演した映画『DIVE!!』にて銀幕デビューも果たしています。

DISH//

DISH// 「Starting Over」初回生産限定盤A SMR

 現在リーダーを務めているダンスロックバンド・DISH//には、2011年にメンバー入り。北村匠海は、ここでメインボーカルとギターを担当しています。

 すでに結成8年目となりますが、2017年はドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)にて、同名の主題歌を担当するなど、ここにきて一気に知名度が上昇。ミュージシャンとしても着実にステップアップを続けています。

ドラマ『隣の家族は青く見える』ゲイ青年役で一躍人気


 ドラマや映画にもコンスタントに出演が続いていましたが、ついに2017年には『君の膵臓をたべたい』で初主演。その時の瑞々しくナチュラルな演技が話題を集め、彼の俳優としての評価も高まりました。

 しかし、何といっても北村匠海という俳優の名を広く浸透させたのは、2018年1月より放送されたドラマ『隣の家族は青く見える』でしょう。ここで北村匠海は、登場人物たちが住むコーポラティブハウスを建築した一級建築士・広瀬渉(ひろせ・わたる)の家に転がりこむゲイの青年・青木朔(あおき・さく)を演じたのです。

わたさく

(C)フジテレビ「隣の家族は青く見える」

 明るく元気なキャラクターでありながら、実は施設育ちで中卒というバックボーンがあった朔。元カレの結婚式でやけ酒している時に出会った、“わたるん”こと広瀬渉とその日のうちに恋に落ち、恋人関係になります。この朔とわたるんのカップルは「わたさく」と呼ばれ、SNSを中心に主人公たちを凌ぐほどの人気を獲得しました。

次のページ 
青木朔役を精一杯生きた北村匠海

1
2




あなたにおすすめ