Lifestyle

「相手に合わせて愛される」恋愛はタチが悪い!? 夫婦カウンセラーに聞く

「受け取り方」は誰も教えてくれない

 このようにコミュニケーションをコントロールや損得で進めていると、いつまでも「受け取る」という女性性は発揮できません。 子供 だから直していくべきですが、難しいのが、こういった話を私たちは子どもの頃から、誰からも学んでいないということです。  本来コミュニケーションのとり方は、基本的に親から学び身につけるものです。しかし親が男性性と女性性の両方を正しく使ってコミュニケーションを取る場合は少ないもの。インタビューの際、世間のリーダーにもまだまだ女性性を使って活躍している人は少ない、と安東さんは話していました。  「女性のロールモデルがいない」ともいいますし、私もお手本にしたい女性に出会ったことがありません。それはつまり、内へ向かうエネルギーを正しく使って活躍することの難しさや、幅の広さがそうさせているのかもしれない。  そして「預けて受け取る」という良い循環をしていくには、土台としての自己肯定感を見直す必要がありそうだと、改めて思うのでした。 【取材協力】 Life Design Labo/安東秀海・安東美紀子 業界最大手のカウンセリング事務所にてカウンセラー&講師として活動後、2015年に独立。結婚生活に悩む夫婦のためのカウンセリング&コーチングを行う。機能不全を生んでいる夫婦間のコミュニケーションパターン、価値観の違い、感情的なもつれを特定し、関係性修復に導くアプローチを得意とする。東京渋谷のカウンセリングルームには危機に直面した多くの夫婦が訪れている。 <取材・文・イラスト/おおしまりえ>
おおしまりえ
水商売やプロ雀士、素人モデルなどで、のべ1万人以上の男性を接客。現在は雑食系恋愛ジャーナリストとして年間100本以上恋愛コラムを執筆中。Twitter:@utena0518
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ