Lifestyle

セックスレス妻の地獄を描いたマンガに「涙しかない」/著者ポレポレ美×伊織もえ対談

 夫婦のセックレス問題を克明に描き、話題を集めている漫画『今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメント 嫁日記~』(縦型漫画サイト「Vコミ」で連載中)。  作者であるポレポレ美さんと、作品のファンを公言するカリスマコスプレイヤーの伊織もえさんが、メールを通じてリモート対談を行いました。
今日も拒まれています1

(c)ポレポレ美/Vコミ

“コロナ離婚”も騒がれる昨今だからこそ考えたい、夜の結婚生活をめぐる理想と現実。女性2人の本音が交錯する、赤裸々トークをご覧ください。

きっかけはラジオのコーナー

ポレポレ美(以下、ポレ美): 伊織もえさん、はじめましてこんにちは。この度は、メール対談をご快諾いただきまして、ありがとうございます。伊織さんは本作(=漫画「今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメント 嫁日記~」)をお読みになってくださっているそうですが、きっかけは何だったのでしょうか? 教えていただけると嬉しいです。 伊織もえ(以下、伊織): こちらこそ、はじめまして。伊織もえです。作品を読むきっかけになったのは、TBSラジオ「たまむすび」のコーナー、「コミックシーモア presents みんなが選ぶ!電子コミック大賞2020」でした。私はそのスペシャルナビゲーターに選ばれていたのですが、エントリーのなかにポレポレ美先生の作品があって、読ませていただきました。 ポレ美: 早速のお返事ありがとうございます。そうだったんですね、コミックシーモアのエントリーによって知っていただけたなんて、私生活を切り売りしていてよかったなぁ、としみじみ思います……。
今日も拒まれてます2

(c)ポレポレ美/Vコミ

泣きながら朝4時まで読んだ

伊織: 作品を読み進めて、本当に衝撃を受けました。変な意味ではなく、女性としてスゴく自分のためになる、いい作品だなと。ポレ美先生は、現在お元気に活動されているとは思うのですが、作品のなかではどんどんと傷つかれていたので、読んでいるときの私のリアルタイムな心境としては、「ポレ美さんがヤバイ! 気をつけて!!」と先生の身を案じながら応援していました。結果、気がついたら朝の4時になっていました。 今日も拒まれてます単行本ポレ美: 新刊のコミックス『今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメント 嫁日記~ 心の異変編』(ぶんか社)では、伊織さんに帯のコメントをいただきました。そこに「令和で一番泣いた漫画。泣きながら朝4時まで読みました」とあって、「ああ、こんな風に言っていただけるなんて」と嬉し涙が出そうになりました。素敵なコメントをいただき、本当にありがとうございます。ちなみに、印象に残ったシーンなどが、もしあったら教えてほしいです。 伊織: 「ポレ美さんが土下座をする」シーンが、特に印象に残っています。「お願いします! 私とセックスしてください」って。読んだ後、心のなかで「ポレ美さんは何も悪くないじゃんっ!!」という気持ちが大きくなってきて、私も本当に悔しい思いになりました。
今日も拒まれてます3

(c)ポレポレ美/Vコミ

今日も拒まれてます4

(c)ポレポレ美/Vコミ

ポレ美: あのシーンは、私自身も描くのがシンドくて仕方がなかったところなので、そう言っていただけるとありがたいです。一連の言動は、もう体と口が勝手に動いてしまった結果なのですが、自分の存在価値や女性としてのアイデンティティなど、自分自身で破壊していったように思えました。描くことで記憶が蘇るのもシンドかったですが、描いた後も空っぽな気持ちが続いたのを覚えています。
次のページ 
やっぱり浮気していた
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ