Gourmet
Beauty

「鍋料理は太らない」は間違い。鍋ダイエット5つの鉄則

脂たっぷりの〆のご飯はガマン

鍋で太らないためのルール3 鍋で太る理由のひとつには、最後の〆のご飯の存在があげられます。具材をグツグツ煮たことにより出汁に溶けだした脂たっぷりの雑炊……。味は抜群に美味しいのですが、カロリーを考えたら控えたいところ。  どうしても〆を食べたいときは、ご飯よりも脂を吸いにくいうどんを選んだ方がよいでしょう。

日本酒なら1合まで

鍋で太らないためのルール4 鍋を食べるとき、「何を飲むか」も意識したいところです。せっかくヘルシーな鍋にしたのに、アルコールでカロリーを摂りすぎてしまっては元も子もありません。  アルコールは、1mlあたり約7kcalと意外と高カロリー。ビールなら500ml、日本酒なら1合、ワインなら240mlが血糖値を上げすぎないための適量だと言われているので、飲みすぎには注意しましょう。  冬は、外食や飲酒の機会が増えて体重の維持が難しくなる季節。鍋を上手に取り入れて、スタイルキープに役立てちゃいましょう。 <文/高木沙織> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
高木沙織
美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog、Instagram:@saori_takagi
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ