Beauty

唇も老化する。魅惑のリップをつくる3つのケア方法

唇の輪郭はハイライトで イヴ・サンローラン「ラディアント タッチ」

 唇の色を美しく見せる上で、もう一つ大切なのは、輪郭を整えること。  とはいえ、私はこれが苦手。長らく輪郭を指でぼかす作戦をとっていたのですが、最近メイクさんに教わった方法が「輪郭を唇に沿って描くのではなくて、唇周辺の肌にハイライトを用いる方法」です。  この方法ではリップを通常のやり方で塗り、その後ハイライトを使い唇の外側から輪郭を際立たせていきます。こうすると唇の形がより美しく仕上げられるだけでなく、唇の外側が白くなるため立体感も演出でき、ぷるぷると潤いのある唇を作ることができるのです。  あの叶恭子さんの唇をイメージするとわかりやすいでしょうか。そしておそらく石原さとみさんはこれが自然にあるのでしょう。若いから……。  ハイライトのオススメは、クマ隠しでもオススメしたいイヴ・サンローラン「ラディアント タッチ」。  この商品は目元メイクの際もオススメなので、一本あると重宝します。
イヴ・サンローラン・ボーテ公式通販サイトより

画像:イヴ・サンローラン・ボーテ公式通販サイトより

 同じくハイライトで使えるのが、RMK「スーパーベーシック リクイドコンシーラー N」。  伸びが良いし小回りも聞くので、こちらも目元と唇の輪郭取りにオススメです。
RMK ONLINE SHOPより

画像:RMK ONLINE SHOPより

「唇にお金をかけるなんて」と、リップメイクへの投資は怠る人も多いようですが、リップをきちんとするだけで、印象はぐっと違ってきます。リップメイクがトレンドの今こそ、普段のリップケアも合わせて見直してみてはいかがでしょうか。 ―「美活(今さら)始めました」― <文/にらさわあきこ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
にらさわあきこ
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容について取材・執筆を続ける中、2019年に「美活部」を発足。簡単&ラクに綺麗になるための情報をブログやインスタなどで発信。著書に『未婚当然時代』(ポプラ新書)『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。インスタ:@akiko_nirasawa_beauty、ブログ:『美活☆365日 簡単&ラク~に綺麗になろう!
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ