喪服=ダサイは古い!ファッションで選べる最新喪服事情

東京ソワールHP

東京ソワールHPより

「大人としてちゃんとした喪服を持っていなきゃ」と思いつつも、つい先延ばしになってしまう…なんてことはないですか?

 かくいう私もその一人。いつかはきちんとしたセットを用意しなきゃと思っていたのですが、買わないでいるうちに、親戚の訃報が届いたのですよ。で、悲しみの感情と共に訪れたのが「喪服どうしよう問題」でした。

 急遽帰省することになったので、デパートなんてもちろん開いてなく、結局、姉と一緒に深夜までやっている大型スーパーを訪れて、適当な喪服を買ったのです。が、満足いく質感ではなくって、デザインもかなりビミョー。しかも一緒に買った姉とデザインをかぶらせないためにも一苦労。しかもそんなだったのに、お値段は5万円以上したのです……。

 今後は、こんなことにならないよう、喪服事情を把握しておきたい!

 ということで、最新の喪服事情と選び方のポイントについて、フォーマルウェア専門メーカー『東京ソワール』マーケティング室の伊藤佳代子さんにお伺いしました。

夏用喪服は6、7月がベスト!ファッショナブルなものも



――伊藤さん、まず喪服を買うのにお勧めのシーズンってあるんですか?

「はい。ちょうど今から6、7月にかけては、お墓参りの時期に備えて最新の夏物デザインが市場に出回るのでオススメかもしれません。また、1年の中で最もお葬式が多い1、2月の前に準備しておくのもいいと思います。通年ものを買うなら、9月10月頃がオススメですね」(伊藤さん/以下同)

――え? 「最新のデザイン」? 喪服に最新とかあるんですか?

キャリア世代に人気メーカーの喪服

キャリア世代に人気メーカーの喪服

「あります。従来は、喪服と言うと無難なデザインや、やけに女性らしいシルエットのものしかなかったのですが、キャリア世代に人気のブランドINDIVI(インディヴィ)のブラックフォーマルが今春デビューするなど、普通のスーツと変わらないタイトなデザインのものも出てきて、喪服デザインもバラエティに富んできているんです。

 だから、最近は普段のファッションのテイストと変わらない喪服を選ぶことができるんですよ」

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=100415

――その中でも最近の傾向は?

シワになりにくい素材の喪服

シワになりにくい素材の喪服

「素材面でも新素材の開発がかなり進んでいますので、従来にはない高機能素材の喪服が増えてきています。

 例えば、私どもでは去年、繊維メーカーの東レ様と共同で1200人規模の喪服に関するアンケート調査をおこなったのですが、その結果、喪服に対する不満として『シワになる』『ホコリがつく』という声が多く聞かれました。

 そこで今シーズンは、シワになりにくくホコリがつきにくい素材の喪服を開発しました。先日おこなった展示会でもバイヤー様から大変ご好評をいただいております。

夏物ではこんなファッショナブルな喪服も

夏物ではこんなファッショナブルな喪服も

 さらに、喪服は一回着ただけで用を終える場合が多いので、クリーニングに出されない方も多くいらっしゃいますよね?

 でも夏場は特にそこから雑菌などが繁殖し、臭いの原因になることも……。

 そこで対策として、抗菌機能をもったポリジンという裏地を使った喪服や、自宅でお洗濯が出来るウォッシャブル素材の喪服なども出てきているんです」

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=100414

――それは心強いですね。でも、値段が高いと困るかも……。

「それは気になるところですよね。お値段で言うと、30代の女性なら6万円程度の喪服を持っていれば間違いないと思うのですが、最新の素材のものもたいていは6万円程度です。買いやすいということもあり、最近は、暑い季節には夏用の喪服を持ちたい人が増えています」

――つまり、通年用と夏用の「2着持ち」ということですか?

「そうです。ここ数年、夏の暑さは異常ともいえるほどですし、時期も以前より長引いています。そのため、夏用の喪服を求める方は実際に増えていますが、購入された皆様からは、『やはり夏用は必要だった』とおっしゃっていただいています」

 伊藤さんによれば、自分好みの喪服を買うためにも、普段からデパートなどの礼服売り場を覗いてチェックするといいのだとか。つまり最近は、喪服の種類がそれほど増えているのですね。

 ……ああ、聞けば聞くほど「あの5万円はなんだったんだ」と後悔の念が。皆様には、こんなことにならぬよう、普段から喪服の準備を忘れずに!

●東京ソワールHP⇒http://www.soir.co.jp/

<TEXT/にらさわあきこ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【にらさわあきこさんプロフィール】
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動をおこなう。著書に、『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)『婚活の神様! 』 など。
●個人相談の受付はこちら⇒http://plaza.rakuten.co.jp/nirasawaakiko/diary/

婚活難民

“婚活”で彼女たちは幸せになれたのか――
結婚を求め、現代を生きる、12人の女性たちのリアル・ドキュメント。
恋愛・結婚をテーマに500人以上の男女を取材してきた著者が放つ、渾身の初ルポルタージュ!

年相応のオシャレ
アラサーになると訪れる「年相応のオシャレ…
デニムショーツ
30歳過ぎた女性がやっちゃいけない“痛フ…
タイトスカート
タイトスカート流行りの今、ムチムチヒップ…
占い
恥ずかしいほど燃えた夜…。愛を取り戻せた…
ラブ
sponsored
ワキ
ゲゲッ黒ずんでる…脇や乳首の黒ずみを夏ま…
ビューティ
sponsored
むくみ
太って見える「むくみ」。放っておくと恐ろ…
ビューティ
sponsored

◆にらさわあきこ

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動を行なう。著書に、『婚活難民』(光文社)、新しいつながり方を模索する男女のリアルな姿を描く「未婚当然時代~シングルたちの絆のゆくえ」(ポプラ社)が4月1日に発売(予約開始中)。2015年4月から、「恋愛・婚活研究所」を主宰。幸せになりたい女性たちに向けたワークショップやセミナーなども定期開催している。
●恋愛・婚活・キャリアカウンセリングの受付はこちらから http://ameblo.jp/nirasawa-akiko

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse