夏バテ防止には甘酒!美容関係者の間で話題の「発酵ドリンク」を飲み比べてみた

 最近、暑さが増してきて、毎日ダルいですよね? でも暑いからと言って甘いドリンクばかり飲んでいると、一層ダルさが増しますし、顔も疲れた表情になる……。

甘酒

栄養成分が神レベルに高くバランスもよい

 ということで、甘いながらもダルくならない飲料を探してみたところ、うってつけのものを見つけました。それは、昔ながらの飲料、甘酒!

 甘酒は、「江戸時代のエナジードリンクだった」と言われるほどに疲労回復効果が高く、一部では「飲む点滴」とまで言われています。

 そのため、去年あたりから美容関係者の間では話題になっていたのですが、その効果が広がったためか、今年は手軽に飲めるタイプのものが市場にたくさん出てきたのです。そこで、飲み比べてみました。

栄養豊富な甘酒は、まさに“飲む点滴”



 まず甘酒とはなにかをおさらいしておくと、米と麹を発酵させて作る飲み物。

 つまり、イマドキの健康・美容ブームで話題になっている、まさに「発酵食品」なのですね。ちなみに、甘酒には、もう一つ、酒かすを溶かして作る方法もありますが、こちらは砂糖を大量に加えるので、健康目的なら注意が必要です。

 一方、米麹で作る甘酒はあんなにも甘いのに、砂糖は不使用なのですよ。

甘酒の表示

市販品を買うときは成分をチェックして「米と麹」だけのものを選ぼう。

 しかもその成分はと言いますと、ビタミンB1にB2にB6、葉酸などビタミンB群が豊富に含まれているほかに、アミノ酸、食物繊維にオリゴ糖など、健康ドリンクに入れるような成分がもともと入っているのです。

 さらにそのバランスもよくって、点滴に使われる成分とほぼ同じだとか。これが「甘酒は飲む点滴」と言われる所以。

 でも、「甘酒ってどこで手に入るの?」「手作りしなきゃダメなのかしら?」「冬の飲み物なんじゃないの?」と思った皆様、ご安心ください。最近は夏でも売られているのですよ。

 しかも、「夏こそ甘酒!」という市場ニーズが高まっているせいなのか、私が甘酒を求めて新宿の食品館に入った途端、いきなり試飲会に遭遇したほど(実話)。

 ということで、イマドキはデパ地下や自然食品店などの特別な場所だけでなく、スーパーや場合によってはコンビニでも売られているみたい。

 タイプは、瓶入りのものから、カップ入り、パック入り、ペットボトルまでとさまざま。値段は小さな飲み切りのパックで200円台からあって、少し多めのものが500円弱。大きいパックは何回かに分けて飲んだり、薄めて飲んだりする用もありました。

 それぞれが口当たりやお味も微妙に異なる様子。そこで、気になった4種類の甘酒を実際に飲み比べてみることにしました。

さまざまな甘酒を飲み比べてみた



 では、試飲してまいりましょう。

●玄米甘酒ストレート

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=115772

玄米甘酒ストレート(マルシマ)

玄米甘酒ストレート(マルシマ)

 まずはこちらのパック入り「玄米甘酒ストレート」(マルシマ)。パックに直接口をつけられるので、買ってすぐに飲めるのがグーです。お味は、どろりとした甘酒の味わいを予想していたのですが、案外スッキリとして飲みやすかったです。

●冷やし甘酒ストレート

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=115773

冷やし甘酒ストレート(宝来屋)

冷やし甘酒ストレート(宝来屋)

 お次は「冷やし甘酒ストレート」(宝来屋)。ペットボトル入りですが、コップに移すときちんとツブがある。しかもちゃんと甘いけど、甘過ぎず、くどくないので後味はスッキリ。ツブがあるので、飲みにくいかと思ったのですが、意外にも「もっとツブがほしい」と思ってしまいました。それなりに甘いのでツブがあったほうが味のバランスが取れるのかもしれません。

●米グルト

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=115775

米グルト(寺田本家)

米グルト(寺田本家)

 続いてこちらの瓶入りは「米グルト」(寺田本家)。なんと「飲むヨーグルト」と書いてありました。グラスに入れると、確かに見た目はヨーグルトっぽくてサラサラ。飲んだ印象も、さらりとして、本当に飲みやすい。味も飲むヨーグルトに似て、甘みよりも酸味が勝ってて、ごくごく飲みたいときに適している感じでした。

●甘酒横丁のあま酒

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=115776

元祖 甘酒横町のあま酒(あまさけや)

元祖 甘酒横町のあま酒(あまさけや)

 こちら、カップ入りの「甘酒横丁のあま酒」(あまさけや)は、見た目に違わずお味も「いかにも甘酒」という昔ながらのおいしさ。人形町の豆腐店「双葉」さんの人気商品らしいです。かなり甘めなので、甘党さんでも満足できる感じかも。

甘すぎる場合は牛乳で割っても◎



 飲み比べてわかったのですが、タイプによって甘さやツブの入り具合には若干の違いがあるみたいでした。甘過ぎる場合には、「凍らせてシャーベットにするといいですよ」と販売員さんが言っていました。また今回、一緒にトライしてもらった友人は「牛乳で割って毎朝飲んでいたら、お通じがよくなった」とのこと。この飲み方もオススメです。

 ちなみにペットボトル飲料には酸化防止剤が入っているので、気になる人はペットボトル以外を選んだ方がいいかもしれません。成分については、きちんと成分表示をチェックする習慣をつけるといいでしょう。

 また、カロリーは、100mlで80~90キロカロリー程度なので、一回分がだいたい160~200キロカロリー。ちゃんと甘いけど後味がいいので、今やすっかり癖になり、毎日飲んでいたのですが、甘酒を飲んだからといって特に太ったということもなく、むしろ爽やかに毎日を過ごせたような気がします。

 ということで、「手軽に飲める甘酒」は、夏疲れに悩むイマドキ女性たちの救世主になるのかもしれませんよ。

<TEXT・PHOTO/にらさわあきこ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【にらさわあきこ】
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動をおこなう。著書に、『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)『婚活の神様! 』 など。
●恋愛・婚活・キャリアカウンセリングの受付はこちらから⇒http://plaza.rakuten.co.jp/nirasawaakiko/diary/

婚活の神様! 崖っぷち婚活隊の目指せ結婚! 神頼みツアー♪

婚活成功者たちが実践した寺社めぐりのコツと“婚活のお作法”を大公開

この美女が飲んでいる「ケフィア」って知ってる?
透明な肌にスリムボディ…ロシア美女が摂っ…
ビューティ
sponsored
バリの美肌サプリ「チャンティック・アユ」
289円の逸品、バリの美肌サプリに夢中【…
ローズプラセンタ
顔だけじゃない、首や手でバレる老け!全身…
ビューティ
sponsored
歯磨き
子どもの歯磨きに悩むママへ。世界初“虫歯…
後藤真希プロフィール
産後10キロやせた後藤真希も実践!“スト…
ビューティ
sponsored
まつげが自然に伸びた
すっぴんでもデカ目に!お泊りの日も怖くな…
ビューティ
sponsored

◆にらさわあきこ

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動を行なう。著書に、『婚活難民』(光文社)、新しいつながり方を模索する男女のリアルな姿を描く「未婚当然時代~シングルたちの絆のゆくえ」(ポプラ社)が4月1日に発売(予約開始中)。2015年4月から、「恋愛・婚活研究所」を主宰。幸せになりたい女性たちに向けたワークショップやセミナーなども定期開催している。
●恋愛・婚活・キャリアカウンセリングの受付はこちらから http://ameblo.jp/nirasawa-akiko

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse