Lifestyle

「光源氏くん」“中ちゃん”で魅力爆発の桐山漣。35歳までの活躍総まとめ

「自分は引き立て役」と苦しむ演技が共感を誘った

『源氏物語』の登場人物である光源氏と頭中将(ドラマ内では三位中将)が現代に現れ、雅な魅力を振りまいた『いいね!光源氏くん』。桐山演じる中将は第4話から本格登場し、千葉演じるキュートで愛らしい光源氏とはまた違う、同名の原作コミックから抜け出たような「美しい」平安貴族として魅了。回を重ねるに従い、支持を増やしていった。
 太陽のような輝きを放つ光源氏に対し、中将の光はまさに月のそれ。まばゆさとはまた違う、澄んだ光で周囲を包む。第7話で、自分が『源氏物語』に登場するの創作上の人物であり、しかも光源氏の引き立て役、添え物だと知った中将。その苦しみが視聴者の共感を誘った。そして最終回、「己とは何ぞ」と悩んだ中将は、現世で生きることを決意する。

桐山漣、ここ数年でグンと増した大人の余裕と色気

 光とのサシ飲み、そしてホスト仲間のカイン(神尾楓珠)との会話から、中将が自分なりの答えを導き出したことは伝わったが、冒頭に大団円と書いたものの、幸せになった中将の姿を見たかった人は多く、確かにスピンオフが欲しいところ。そして、このスピンオフ待望論は、それだけ桐山の演じた“中ちゃん”が愛された証拠だ。
 2月に35歳になった桐山。昔から独特の色気を持っていたが、年齢を重ねたことで、その色気が熟成されて艶やかに。さらに大人の余裕と優しさを伴うようになってきた。見た目だけでいえば、中将役を演じることは、5年前の桐山でも問題なかった。だが、今の桐山だからこそ含み得た魅力が、確実に、中将をより一層愛すべきキャラクターに育てた。  今だから、高貴な紫をベースにした“中ちゃん”の平安装束はもちろん、烏帽子にヒョウ柄というとんでもない取り合わせをも品良く着こなし、コメディと自己探求というテーマを担えた。“中ちゃん”のスピンオフはもちろんのこと、俳優・桐山漣のこの先が楽しみだ。快進撃は始まったばかりなのかもしれない。
桐山漣

2017年インタビュー時の桐山漣(撮影:望月ふみ)

<文/望月ふみ>
望月ふみ
70年代生まれのライター。ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画系を軸にエンタメネタを執筆。現在はインタビューを中心に活動中。@mochi_fumi
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ