Lifestyle

花田優一の歌手デビュー曲、無難にうまいことの残念さ

“世間が期待する花田優一像”とのズレ

花田優一

「純青」プレスリリースより

 ここに、世間が期待する花田さん像との食い違いが生まれてしまったように感じるのです。簡単に言えば、「叩きたいのに叩けねーよ」と。かといって、大絶賛するほどの名曲でもないので、「お、おう…」と反応するしかなくなってしまう。こういうどっちつかずが、芸能界的には一番NGのはずなのですが……。  それとも、そんなふうにうがった期待にガツガツ応えなきゃいけないほど、切羽詰まってもいないのかなぁ。フツーにいい曲、「純青」から漂うのは、ストレスフリーな呑気さなのでした。 <文/音楽批評・石黒隆之>
石黒隆之
音楽批評。カラオケの十八番は『誰より好きなのに』(古内東子)
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ