Entertainment

実力派女優、13歳年下の婚約者と破局。ラジオで語った理由とは

 映画やドラマで活躍する人気女優タラジ・P・ヘンソン(50)が婚約を解消した。2018年に13歳年下の元NFL選手ケルビン・ヘイデンと婚約し、今年春には挙式も予定していたが、新型コロナウィルスの影響で延期されていた。シングルマザーとして1人息子を育てながら女優業もこなし、ついに最愛の男性と結ばれたタラジに一体何が……?

息子を出産後にデビューし、実力派女優に

タラジ・P・ヘンソン

タラジ・P・ヘンソン

 米ワシントンD.C.で生まれたタラジ。アルバイトで学費を稼ぎながら、大学で演劇を学んだ。1994年には、高校時代の恋人との間にできた長男を出産したが、のちにその恋人とは破局。子供の父親でもあるその男性は、2003年に殺害されたと伝えられている。  シングルマザーとして息子を育てながら、1997年頃よりテレビドラマに出演するようになったタラジ。のちに映画にも出演するようになり、2008年公開の映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』ではアカデミー助演女優賞にノミネートされた。また、全米で大ヒットし、日本でも話題になった2016年の映画『ドリーム』では主演を務め、実力派女優として認知されるように。
映画『ドリーム』のブルーレイ

映画『ドリーム』のブルーレイ
(※画像:Amazonより)

 2015年から放送されている米人気ドラマシリーズ『エンパイア~成功の代償』でもメインキャストをつとめ、ゴールデングローブ賞(テレビドラマ ドラマ部門)主演女優賞を受賞している。さらに、歌唱力の高さから歌手としても活躍している。  1人で子育てしながら、女優としてキャリアを重ねていくのはさぞ大変だっただろうと思うが、本人は過去のインタビューのなかで「子供の存在が、自分の目標や能力の妨げになっていると思ったことは一度もない」と語っている。  

私の幸福は彼の責任ではない。彼の幸福は私の責任ではない

 そんなパワフルなタラジが、元NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)選手のケルビンと婚約したのは2018年。インスタグラムに大きな指輪の写真とともに「わたしは本当に、本当に幸せ」と投稿し、2年間の交際を経て婚約したことを公表した。  その後もたびたびSNSなどで幸せそうなツーショットを見せていた2人。今年のヴァレンタインデーにも、インスタグラムに2人で登場し、アツアツの様子を見せていた。
 今年4月には2人の挙式が予定されていたが、コロナで身内に不幸があったことも影響し、延期された。最近では、2人のツーショットが見られなかったことから破局説も浮上していたが……。  先ごろ米ラジオ局『パワー105.1』に出演したタラジは、婚約者との破局をこう報告した。 「まだ言っていなかったけど、結局ダメになったの。『セラピーでも受けよう』って言ったんだけど、それって両方が同じ意向じゃないと自分だけがやっている気になってしまうから、人間関係において全くフェアじゃない。私の幸福は彼の責任ではないし、彼の幸福は私の責任ではない。まず、自分たちをいかに幸せに出来るかを考えないと。  人間関係において、片方のウェイトが大きかったら上手くいくわけなんてない。もちろん、理解する気持ちは必要だけど、その理解の中で自分を失うことがあってはいけない。その中でも自分をしっかりもって、そのために生きないと。でも、相手がそうでないと、実践するのは難しいわよね」  今回の婚約こそ上手くいかなかったものの、今後また相手を見つけることを諦めたわけではないというタラジ。「私は黒人男性しか望まない。まだ50歳になったばかりだし」と話しているそうだ。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ