Entertainment

貴族出身の元スーパーモデルが50歳で急死。世界に衝撃

 1990年代からスーパーモデルとして活躍したステラ・テナントが死去した。死因は今のところ分かっていないが、警察は「現場の状況に不審な点はなかった」としている。先ごろ50歳の誕生日を迎えたばかりだった元スーパーモデルの突然の悲報に、悲しみが広がっている。

誕生日からわずか5日後、突然帰らぬ人に

ステラ・テナント

ステラ・テナント

 今月17日に50歳の誕生日を迎えたばかりのステラ。しかし、そのわずか5日後となる22日に突然帰らぬ人になったことを家族が発表した。 「大きな悲しみと共に、2020年12月22日、ステラ・テナントが突然他界したことをお知らせします。ステラは素晴らしい女性で、私たちにインスピレーションを与えてくれる存在でした。彼女を失ったことは、大きな喪失です」  死因は不明だが、警察は死亡した現場の状況に不審な点はなかったと報告、事件性は低いとの見解を示している。 「(スコットランドの街)ダンスで12月22日火曜日午前11時30分、50歳の女性が突然死したとの通報を受けました。近親者らには伝えていますが、状況に不審な点はなく、報告書が地方検察官に提出される予定です」

貴族出身の気品と中性的な雰囲気で一世風靡

 スコットランドで生まれたステラは、強い財力と影響力を持つイングランド貴族デヴォンシャー公の出身。第11代デヴォンシャー侯爵アンドリュー・キャベンディッシュを母方の祖父に持ち、ダイアナ元皇太子妃とも血縁関係にあるといわれている。  元々は彫刻を学んでいたステラだが、ファッション誌のカメラマンに見いだされ、90年代初頭にモデルデビュー。当初は「プロのモデルになりたいのか分からなかった」というが、またたく間に頭角を現し、ファッションシーンを席巻するスーパーモデルに。 『ヴォーグ』や『ハーパーズ・バザー』などの世界的ファッション誌で表紙を飾り、バーバリーやカルバン・クライン、エルメスなどの高級ブランドの顔として活躍した。特に、シャネルを率いていたデザイナーの故カール・ラガーフェルドは、ブランドの創設者であるココ・シャネルに似ているという理由から、ステラをシャネルの広告モデルに抜擢した。 “ピクシーカット”と呼ばれる独特なヘアスタイル、青い透き通るような目、そして型にはまらない中性的な雰囲気が魅力だったステラ。かつてブランドのミューズとして起用していたヴェルサーチは、訃報に接し追悼コメントを発表した。

一度は引退表明するも、その後復帰。第一線で活躍を続けた

 人気絶頂のなか、1999年にフランス出身の写真家デイヴィッド・ラスネ氏と結婚したステラは、4人の子供をもうけた。第一子を授かった際には引退を表明し、いったんは表舞台から退いたが、2002年に第3子を出産後に復活。今年1月に行われた春夏コレクションにも登場するなど、第一線で活躍を続けた。  また、2012年に開催されたロンドンオリンピックの閉会式に、イギリスのファッション界を代表するモデルとしてナオミ・キャンベルやケイト・モス、リリー・コールらと並んで出演し、話題になった。そのモデル仲間のナオミも、ステラの突然の死を受け、SNSに追悼コメントを発表した。
 また生前、親交が深かったデザイナーのヴィクトリア・ベッカムも「ステラの訃報に打ちひしがれている。彼女を敬愛し、尊敬していた」と哀悼コメントを発表した。

新しい服を買うのは年間5着くらい

 最近では環境活動も積極的に行っていたというステラ。特に、ファッションが環境に与える負荷を懸念していたという。昨年行われた英紙とのインタビューでは、自分が着た服を再利用し、新しい服を買うのは年間5着くらいとも話していたそうだ。そのうえで、こんなふうに語っていたそうだ。 「この年になって、消費にあまり興味がなければ(服を買わなくなるのは)普通のことだと思う。若いころほど買い物が好きではなくなるしね。私たちみんな、もう少しちゃんと(消費について)考える必要があると思う」  このように活躍の幅を広げていたステラだが、一部メディアは長年連れ添った夫と今年夏に離婚したとも報じており、私生活では何らかの環境の変化もあったようだ。  ファッション業界やファンに衝撃を与えたスーパーモデルの突然の死。家族はプライバシーの尊重を願うと共に、葬儀の日程を後日発表するとしている。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ