Lifestyle

SNS依存女性が語った驚きの暮らし。「ネットの世界が私の“リアル”」

流行りのブランド品をレンタルして自撮り

「やっぱりオシャレな子、センスがいい子って思われたいじゃないですか。私生活でブランド品を持ち歩いたり、豪華な生活をし続けるのは厳しいけれど、SNS上だと比較的簡単にできちゃう。流行りのブランド品をレンタルして自撮りをしてみたり、人気のお取り寄せをしてネットにアップしたり。コストパフォーマンス良く、自分を適度に飾って見せられるのでそこは楽かなって」 ブランド品 それがSNS上でも現実世界でも、偽りの姿はいつか見破られてしまう気もしますが……。 「SNSはいいねやコメントの数、フォロワ―(自分に興味を持って登録してくれている人)の人数で、“その子がイケているか、イケていないか”が思いっきり数字として表れてしまうんです。だからそこに必死になっているうちに、SNSで承認される、認められることが生きがいのようになっちゃう。残酷な話、学校のSNSのコミュニティ内でも、カースト上位の人気者しか入れないグループもあるくらいです。そこは最低でもフォロワー数が〇千人を超えていないと入れないとか。自称インフルエンサーグループです。  私もそこまでではないけど、コロナ禍でバーチャルがリアルになっている今、SNSを軽く見れないなって。SNSこそが今の私の“リアル”なんです」  これも“新しい生活様式”の弊害なのでしょうか。  そして彼女は今も、スマホを片時も話さずに生活を続けています。 ―私の〇〇依存― <文&イラスト/赤山ひかる>
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ