News
Lifestyle

愛猫の治療費のため、車を270万でヤフオクに。飼い主が語る「奇跡に泣きました」

猫という存在がなかったら夫婦の会話がなくなっちゃうくらい

(画像:「ソマリ猫そま吉のブログ」2021年05月26日投稿より)

(画像:「ソマリ猫そま吉のブログ」2021年05月26日投稿より)

 5月22日、leizさんはブログで、しるくが血液検査の一部と、下痢気味であるということを除いてはかなり回復し、無事退院し2週間ぶりに自宅に返ってきたことを報告しました。多くの方々からの支援を治療費として病院に支払ったとのことで、これからは本格的な自宅での治療に入るそうです。 「私達夫婦は、会話で猫の話が出ないことはないし、猫という存在がなかったら会話がなくなっちゃうくらいで(笑)」と猫への愛を語るYさん。  今後もしるくの回復を、SNSの向こう側にいるたくさんの人達が見守り続けるでしょう。 <文/満知缶子> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
満知缶子
ミーハーなライター。主に芸能ネタ、ときどき恋愛エピソードも。
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ