News
Lifestyle

愛猫の治療費のため、車を270万でヤフオクに。飼い主が語る「奇跡に泣きました」

 難病にかかってしまった愛猫の治療費を捻出するため、ヤフーオークションに愛車を出品した飼い主がおり、その落札劇が感動的だとSNSなどで大きな話題になっています。
leizさんYさん夫妻の愛猫しるく(画像:「ソマリ猫そま吉のブログ」2021年01月20日投稿より)

leizさんYさん夫妻の愛猫しるく(画像:「ソマリ猫そま吉のブログ」2021年01月20日投稿より)

 愛車を出品したのは、ブログ「ソマリ猫そま吉のブログ」管理人、leizさん。  5月上旬、愛猫のしるくが猫の難病である猫伝染性腹膜炎(FIP)に罹っていることが判明し、治療代が入院費などを含むと300万円近くなる可能性があるため、ヤフーオークションに愛車のスープラを270万円スタートで出品したのです。たまたまその出品を見た、ハンドルネームYutoさんがTwitterで「治療費のために車売るらしい。凄い飼い主さん。無事オーナーさん見つかって治療できますように」と、leizさんのヤフオクの出品について投稿すると、またたく間に拡散されました。  猫伝染性腹膜炎(FIP)とは、猫伝染性腹膜炎(FIP)ウイルスにより引き起こされる感染症で、発症するとほとんど致命的だといわれています。  今回、leizさんの妻であるYさんに、夫婦が直面した愛猫の難病発覚について、また愛車出品の決意について話を聞きました。

会社に借金をしてでも、車を売ってでもいいから助けたい

入院していた時のしるく、鼻に給餌をするためのチューブが入っている(画像:「ソマリ猫そま吉のブログ」2021年05月14日投稿より)

入院していた時のしるく、鼻に給餌をするためのチューブが入っている(画像:「ソマリ猫そま吉のブログ」2021年05月14日投稿より)

――愛猫のしるくちゃんが猫伝染性腹膜炎(FIP)にかかってしまったことを知ったときは辛かったと思います。 Yさん「ちょうど、しるくの具合が悪くなって病院に連れていく1週間前に、もう一匹の猫、サラが半年くらい看病をしてから亡くなってしまって。悲しくて悲しくて…という中での発症でした。  以前、しるくの弟、せぴあが同じFIPで亡くなっていて、我が家で2匹もFIPを発症させてしまったと、飼い主失格なんじゃないかと自分を責めました。FIPはストレスが原因で発症するという話もあって、自分がこの子たちにストレスを与えてしまったのではないか…って。  辛い中、なんとか治療法がないかと夫婦で必死で調べました」 ――主治医に話を聞いたり、ネットなどで調べた結果、7年前に弟のせぴあちゃんをFIPで亡くされたときよりもFIPの治療が進化していて、認可前の試薬などで回復する事例などを知ったのですね。でも、その治療には未認可ゆえに、入院費など諸々を含んで200万円~300万円と高額の費用がかかると…。 Yさん「主人が第一声で、会社に借金をしてでも、車を売ってでもいいから助けたいと言いました。なんとか試薬による治療を受けられる病院も見つかって」 ――そこで、ヤフオクにスープラを270万円で出品したのですね。車を手放すことに迷いはなかったですか? Yさん「スープラはすごい古い車で、かなりお金をかけていたので、実は日頃から私は『そんな車売っちゃって普通の車にすれば』みたいなことは言ってたんです(笑)。だけど、主人はそんな気は全くなかったのですが、今回、即断で手放しましたね」
次のページ 
Twitterで話題になり一部ひどいコメントも…
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ