Entertainment

木下優樹菜さんの純白ミニスカに反響/弘中綾香アナ、学生時代の時給4000円バイトとは?

 開催は決まったものと思われていた東京五輪の局面が変わってきました。天皇陛下が五輪による感染拡大を懸念されているのではないかと、宮内庁長官が拝察していると会見で語ったのです。んー、笑い事じゃなくなってきましたぞ。  では、今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュース。

①木下優樹菜さん、純白ミニスカで“決め顔”ショット 「天使すぎる」「世界狙える」の声

ORICON NEWS 6/22(火)
 21日、木下優樹菜さんが自身のインスタグラムを更新し、サングラスから厚底ヒールまで、全身を白でまとめたコーデを披露しました。  しゃがみながら横向きでキメ顔を作る様子は、さすがの貫禄。フォロワーから「もう世界狙えるよ!!」なんてコメントも飛び出すほどの、堂々たるショットでした。  芸能界引退後も衰えない人気に、岩盤支持層の厚みを感じます。

②弘中綾香アナ 大学時代に時給4000円のバイトの過去 千鳥ノブ「一流キャバ嬢じゃない!」

スポニチアネックス 6/20(日)ほか
 19日放送の『ノブナカなんなん?』(テレ朝)に弘中綾香アナが出演し、学生時代の高額バイトのエピソードを披露しました。  高校時代から10個以上ものバイト経験があるという弘中アナ。そのなかでも大学時代の家庭教師が最も時給がよかったそうで、なんと1時間4000円。  生徒には『ドラゴン桜』のように厳しく指導していたとのことですが、額を聞いて驚いた「千鳥」のノブは、「一流キャバ嬢じゃない!」とツッコんでいました。  マンツーマンであの冷徹な毒舌を浴びせられると思うと、胃がキリキリしてくる…。
次のページ 
花田優一、“父の日”投稿への批判の声に謝罪
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ