Love

“陰キャ”な女子のほうがモテるという新説!男性たちの本音を聞いてみた

薄幸そうな女性演歌歌手とファンの構図?

 また、別の男性T(30代・独身・仮名)によれば、この辺の男心をわかっているあざとい女子は「孤独に見える女子」をあえて演出する場合もあるのだそう。 「結構騙されることもあるんですよね。男心をくすぐって、わざと『孤独なんだな』『寂しいんだな』ということを意図的に演出する女子がいるんです。そういう子に対して、男が『俺が守ってやる』と思って近づいてみると、それとなくお金のかかるものを欲しがり買わせたり、一方でその先の展開にはなかなか発展しなかったりして。  この繰り返しでドツボにハマってどんどん追いかけていくことになるんだけど、フタを開けてみればちゃんと彼氏だの旦那がいて、友達も多かったりして、それこそリア充だった……なんてこともある。  まさに薄幸そうなルックスの演歌歌手に、おじさんたちが惚れ惚れしてしまうのと同じ構図だけど、それくらい『孤独そう』『寂しそう』はモテる上での重要ポイントであることは間違いない」  なるほど、そういうものなんですね……。

リア充女性とは“2人だけの時間”を想像しにくい

デート ここまでの話を聞いて思ったことが一つあるのですが、男性はロマンチックであるのに加え、「口説こうとして失敗したくない」みたいなプライドというか、ナイーブな部分があるような。  おそらく「同性の友達が多い」「リア充」の女性は男性にとって「2人だけの時間」を想像しにくく、だからこそ「孤独そう」「寂しそう」な女性がモテるという声が聞かれるのではないでしょうか。  この辺の男心、まだ完全には理解しきれていませんが、少なくとも「同性の友達が多い」「リア充」でなくても、イコール「新しい出会いのきっかけがない」と考えるのは早合点であることだけはよくわかりました。  現在、孤立無援の日々をおくる私ですが、この点だけを頼りに新しい恋愛ゲットに向けて、「孤独そうな」演出をしながら前向きな毎日をおくりたいと思います。 <取材・文/デコ女子部>
デコ女子部
編集プロダクション・decoの女子部門。30~40代の男女の編集・ライターにより執筆
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ