Entertainment

松本まりか、意外な一面を明かす「私には昭和の血が宿っている」

 2021年も、主演ドラマ『それでも愛を誓いますか?』や、年末に放送された『奪い愛、高校教師』など、多くの作品でさまざまな顔を見せてくれた松本まりかさん(37)。
松本まりか「自分の美学に沿って生きるのは大事」

松本まりかさん

 現在、Amazon Prime Videoにて主演作品『雨に叫べば』が配信中です。1980年代の映画撮影現場を舞台に、映画制作の裏側で繰り広げられる人間ドラマを描いた本作で、松本さんは新人監督の花子を演じています。自分には「昭和の血が流れている」と話す松本さんにインタビュー。松本さんをスターダムに押し上げたドラマ『ホリデイラブ』で、女性ファンが増えたときの心境についても聞きました。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

生命力や活力みなぎる昭和が好き

生命力や活力みなぎる昭和が好き

『雨に叫べば』より

――今日は80年代ファッションで決めてますね。 松本まりかさん(以下、松本)「そうなんです。こういうファッションもいいですよね」 ――まずはオファーを受けたときの心境を教えてください。 松本「すごく嬉しかったです。とても面白い脚本でしたし、内田英治監督(『ミッドナイトスワン』)とは、2作連続(『向こうの果て』)で仕事させていただいて。任せていただけたことが本当に嬉しいですし、シリアスとコメディでテイストは全然違いますが、どちらも昭和の話なんですよね。私は、ぎりぎり平成になる前の昭和生まれですが、記憶はないので新鮮なことばかりでした。でも血は昭和だとすごく感じます」

おじいちゃんおばあちゃんに育てられた

おじいちゃんおばあちゃんに育てられた

『雨に叫べば』より

――というと? 松本「ここに登場する人たちは自分の欲求にすごくストレートなんです。今は調和の時代でいい時代かもしれないけれど、昭和はちょっと尖ってて、私はそういうのが好きだし、生命力とか活力とか、パッションがあって好きです。この映画もいいことも悪いこともビビットに見えて、その感じがすごくワクワクします。私は、母が働いていたので、おじいちゃんおばあちゃんに育てられたんです。だからより、昭和の血が宿っているんだと思ってます」
次のページ 
理不尽なことがあっても人を嫌いにならない
1
2
3
4
Cxense Recommend widget
『雨に叫べば』はAmazon Prime Videoにて配信中


あなたにおすすめ