Gourmet

「アイスなのに溶けない」不思議なアイスが話題に

 コンビニアイス評論家のアイスマン福留です。今回ご紹介するのは、とけない不思議なアイス。「ROYAL 給食でおなじみのムース(Mousse)」。九州地区のコンビニ、全国のセブンイレブンで発売中です。

 ムースは、九州地方では昔から学校給食に出ていたそうです。それを、食べやすくパウチタイプにしたのがこの商品。パッケージは細長いビニールパウチ容器、お皿の上に乗ったムースのイメージ。おいしそう!

 そして、「給食でおなじみの」、「九州発」、「とけない不思議なアイスです。」……と、目を引く言葉がたくさん。これは買わない訳にはいきません。

アイス, コンビニ, スイーツ パッケージも、形状もインパクトがあります。僕はアイスのコーナーに“冷やした洋菓子”に分類されるものが置いてあっても、あまり買わないのですが、ムースの種別はラクトアイス……なので購入。

 ビニールの端っこの方にある切り口から開封し、反対側から押し出せばプルプルのムースが出てきます。

 た……楽しい。

⇒【写真】http://joshi-spa.jp/?attachment_id=11606

アイス, コンビニ, スイーツ 通常はそのまま(袋に入ったまま)食べるのですが、わかりやすくお皿にあけてみました。しかし、細長いのでお皿に収まりきらないので、真ん中で切りました。

アイス, コンビニ, スイーツ 食べてみると、不思議な食感。プリンのような、ババロアのような、豆腐のような……。

 味は、ほんのり甘いミルク風味。ミルクプリンのような感じですね。ツルツルとしたなめらかな食感、弾力もあり、時折シャリっとした食感も楽しめます。この、“何を食べているのかわからない感”が妙にワクワクします。もう、食べていると楽しくて思わず笑顔になってしまいます。こんなのが学校で食べられるなんて、九州の人は幸せですね。

アイス, コンビニ, スイーツ 種別はラクトアイス。内容量は100ml。販売は福岡県のロイヤル食品株式会社。おなじみファミリーレストランのロイヤルホストや、アイスでは、白くまや、ブラックサンダーアイスなどでも有名です。製造は、佐賀県のヤマキ製菓株式会社。は!バナナボーイズを製造している会社。ユニークなアイスづくりが得意なんですかね!

 そして、佐賀県といえば……、九州のソウルアイス「ブラックモンブラン」の製造メーカー竹下製菓も同じ佐賀県です。うーん。九州はやはりアイスクリームの聖地ですね。

アイス, コンビニ, スイーツ 1袋あたりのカロリーは168キロカロリー。

アイス, コンビニ, スイーツ ここ最近食べたアイスの中で、リピート率ナンバーワンです。ついつい買ってしまうんです。

 いやいや、楽しい。とけない不思議なアイス。九州の人は思い出話に花が咲きますね。九州では「コーヒーミルク味」もあります。インターネットでも購入できるので今度買って食べてみようと思います。

 アイス好きの人はもちろん、スイーツ好きの人は是非一度食べてみてください。なんとも不思議な味わい、食感がクセになります。九州地区以外では、セブンイレブンで購入できます。こういった楽しいアイス、どんどん出てきてほしいです! <TEXT・PHOTO/アイスマン福留>

⇒筆者の公式サイト「コンビニアイスマニア」はこちら http://www.conveniice.com/

【アイスマン福留】
年間約1000種類のコンビニアイスを食べ、情報サイト「コンビニアイスマニア」を運営。今まで存在しなかった「アイス評論家」を勝手に名乗り、多くのメディアに取り上げられる。著書に『バカが武器』

― アイスマン福留の「コンビニアイスマニア」女子SPA!出張版(3) ―

アイスマン福留
年間約1000種類のコンビニアイスを食べ、情報サイト「コンビニアイスマニア」を運営。今まで存在しなかった「アイス評論家」を勝手に名乗り、多くのメディアに取り上げられる。著書に『バカが武器
バカが武器

元気が出て、役に立ち、バカがうつるビジネス書




あなたにおすすめ