Entertainment

稲葉友、教師と美青年の「溶けて、混ざっちゃう愛」を語る。映画『恋い焦がれ歌え』

「いつのまにか、溶けて、混ざっちゃう愛」

稲葉友――非常に人間的で深い愛が描かれています。エッセーで言葉を紡がれているように、もし愛を他の言葉で換言するとしたら、どんな言葉になるでしょうか? 稲葉:夏目漱石みたいなことですか? ――そうです。 稲葉:(笑)。それは難しいですね。何だろうな、日本的に考えると、愛って照れくさくて、美徳としてクローズしている感じがあります。「愛してます」が、「愛してます」として意外と文字通りには伝わらないです。台詞として書かれているときにも不思議な感じがあります。多分、海外ほど、愛の幅が広くないんです。  でも、きっと「ありがとう」に詰め込める気がするんです。ありがとうも相当幅が広い言葉です。辛口の中にも愛は詰め込めると思うし、あえてこの言葉を限定せずに、好きな人、愛する人に対してなら、どこにでも忍ばせることができるのが日本語だなと思います。 ――「I LOVE YOU」の「LOVE」は、恋も愛も両方意味していますからね。 稲葉:そうなんです。日本語で「愛」と訳すと、ハードルが高い感覚がどこかあります。 ――愛を受けることもできますし、愛を与えることもできます。双方に行なうこともできます。仁とKAIとの関係性は、結果的に愛だったのでしょうか? 稲葉:この2人の愛は、すごく根深いですよね。KAIのヒストリーとバックボーンがあり、仁の歩んできた道と壊れてしまったところからリスタートする話。お互いに矢印を向けて、愛を与え合っているというよりは、いつのまにか、溶けて、混ざっちゃう愛です。 ――愛についてぜひエッセーで書いていただきたいです。連載後半が楽しみです。 稲葉:ありがとうございます。愛を考え、言葉にしながら、人との関わりを高め続けられたらいいなと思っています。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます <取材・文/加賀谷健 撮影/鈴木大喜>
加賀谷健
音楽プロダクションで企画プロデュースの傍ら、大学時代から夢中の「イケメンと映画」をテーマにコラムを執筆している。 ジャンルを問わない雑食性を活かして「BANGER!!!」他寄稿中。日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業。Twitter:@1895cu
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ