Lifestyle

「朝は4時起き、夜は奴隷」“農家の嫁”がブチ切れ!お酒の席で『意外な逆襲』

B子の“策略”で叔母も義母も涙目に

「今までの理不尽な扱いを訴えて、さらに『お義母さんたちは、若い頃、もっと苦労されたんじゃないですか……?』と、B子さんが相手をホロっとさせるような、情に訴えかけるように声をかけ続けたんです(笑)。そしたら、『あなたたちにも、本当に苦労をかけたわね(泣)』『今までごめんなさい』と叔母も義母も涙目になり、あっけなく陥落」 B子さん、なんという策士……! 励まし合う女性たち「お酒も入って大グチ大会になり、義母の許可をもらって義父のお気に入りの超高級ブランデーも飲みまくり。 台所でのゲリラ飲み会が盛りあがる一方で、居間の宴会は普段よりランクダウンした食事とお酒でなんとも微妙な雰囲気に。なにより、動き回る女性たちがいないから、男性陣はご不満みたいでした」

「男子禁制なんでしょ?」男性たちはシャットアウト

そして、義父が珍しく台所にやってきたそうで…… 「『なにやってんだ~?』『こっちに来んのか』と声をかけてきて、台所を開けようとしたんです。でも義母がぴしゃっと手で扉を閉めて、『ここは男子禁制なんでしょ!!』と一言。さらにスライドの扉を、ほうきでつっかえ棒にしちゃって、どうやっても入ってこれないようにバリケードまで作っていました。 追い打ちをかけるように叔母が、『こっちはこっちで、普段旦那や男衆にたまってる不満を吐き出しているんです! そんな中に入りたい!?』と一喝して追い返してしまって(笑)。男尊女卑や、女性だけこき使われる文化には心底嫌気がさしますが、こうやって楽しみながら、私たちの代でその習慣を変えていきたいです」 【他のエピソードを読む】⇒「実録!私の人生、泣き笑い」の一覧へ 【あなたの体験談を募集しています!】⇒心がほっこりした「ちょっといい話」、ありえない!「びっくりした話」「ムカついた話」、人生最悪の恋愛を募集中!(採用時に謝礼あり)ご応募はここをクリック <取材・文&イラスト 赤山ひかる> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
赤山ひかる
奇想天外な体験談、業界の裏話や、社会問題などを取材する女性ライター。週刊誌やWebサイトに寄稿している。元芸能・張り込み班。これまでの累計取材人数は1万人を超える。無類の猫好き。
1
2
3
4
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ