Entertainment
News

生田斗真「無痛おねだり」発言炎上にみる日本の芸能界の悪習。ぼくらが待つべきは“当人の言葉”

 芸能人の炎上発言がどうも目立つ。生田斗真も例外ではなかったと思うと、ちょっと切ないのが正直なところ。  SNSは火薬庫である。多くの場合、本人の自覚がないままに発火する。生田のInstagramアカウントでは、出産を間近に不安を伝えた女性ファンへの回答が瞬く間に問題化した。どこがどう問題だったのか?  イケメン研究をライフワークとする“イケメン・サーチャー”こと、コラムニスト・加賀谷健が考える、生田斗真による“然るべき言葉を待ちたい”と思う理由とは。

あらゆるSNS上で一斉砲火

 5月7日、Instagramで質問を募集した生田斗真が、妊娠9ヶ月の女性ファンが抱く出産への不安に対して「旦那様に無痛おねだりするか」とストーリーズ上で答えた。これが激しい非難を集めている。  この発言を受けて、XやThreadsなどあらゆるSNS上で生田への一斉砲火状態だ。炎上の最中、生田は8日にストーリーズを更新。「僕の発言で傷つけてしまった方がいるようです。ごめんなさい」と謝罪をしたが、かえって火に油をそそぐことに……。  生田の投稿はすぐにネット記事としても拡散され、非難轟々の記録は日々増殖している。その一方で「もういいだろ」といった同情の声も上がっているが、いずれの主張にしろ、舌の根が乾かないうちから集中的に反応することの是非を改めて問うておきたい気もする。

曖昧な謝り方がマズかった

 SNS上での批判意見をいくつか確認すると、共通するのは、謝るべきポイントがズレているという指摘だ。内容しかりだが、それ以前にそもそも文頭からちょっとズレてしまったのではないかと思う。  芸能人が問題発言について謝罪するとき、多く見受けられる表現が、「させてしまったなら」だ。生田も慣例通り、「います」ではなく「いるようです」と曖昧な言い回しの変奏を試みている。断定を避けた謝り方がマズかった。  謝罪文には続きがある。「費用はかかってしまうけど恐怖心を緩和するためにも、一つの大切な選択だと勉強をしていたので」と分娩への理解とともに「言葉足らず」を強調した。
次のページ 
ファンへの限定的な呼びかけだった
1
2
3
Cxense Recommend widget
あなたにおすすめ