News
Beauty

カッサカサじゃ冬の恋はアウト!うるおう女に必要なもの3つ

 突然ですが、問題です。  キレイになりたい女性たちにおなじみの成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」。この3つのうち、肌にとっていちばん重要なのはなんだと思いますか?  答えは…… 「全部」なんです。 「なんだよっ!」という声も聞こえてきそうですが、実はこのコラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドの肌に対する役割は、それぞれまったく別。女子SPA!で「現役美容部員の自腹コスメ」を連載中の白川凛さんも、過去記事で、必要な成分としてまさにこの3つを挙げていました。 カッサカサじゃ冬の恋はアウト!うるおう女に必要なもの3つ

ハリとうるおいがある肌のための、3成分の働き

 そのメカニズムを、カンタンにご紹介。  肌本体ともいえる真皮の中で、水分をぎゅっ~っと抱え込んでいるのが「ヒアルロン酸」。そのヒアルロン酸をロープ状になった「コラーゲン」が包み込んでガードし、肌表面の角質層で、「セラミド」が肌全体のうるおいを閉じ込める――というのが、肌本来の水分保持機能です。  いわば、コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドは、お肌の「3大ハリ成分」。それぞれの役割があるんですね。 3大ハリ成分  年齢をかさねていくうちに、乾燥しやすくなって、肌に弾力がなくなるのは、この「3大ハリ成分」が年齢とともに減少していくからなんです。

「3大ハリ成分」を配合した薬用スキンケア

 そこで注目したいのが、水に溶けにくい「セラミド様成分」を化粧水に溶かし込む新技術(特許出願中)で、1本に「3大ハリ成分※」を配合した『B.K.AGE』です。 (※うるおいを与える保湿成分「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」の類似成分を配合しています)  開発は、皮膚科学を研究してきた持田製薬グループの持田ヘルスケア。これまでも、敏感肌のための商品を世に送り出していて、素肌に負担をかけない処方へはこだわりがあります。『B.K.AGE』も、当然、低刺激、無香料、無色素、アルコール(エタノール)や防腐剤(パラベンなど)は無添加。敏感肌の方にもやさしい薬用スキンケアなのです。  乾燥を放っておけないのは、肌のうるおいがなくなると、肌のバリア機能が弱くなることにあります。紫外線やエアコンなどの外からの刺激にさらされると肌トラブルの原因になり、「肌荒れスパイラル」という事態に陥りかねません。『B.K.AGE』は、3大ハリ成分に加え、肌荒れ防止成分のトラネキサム酸が配合されているので、ハリ肌をめざし、揺らがない肌をつくる心強いアイテムでもあるのです。  愛用者からは、 「化粧水と乳液の2つだけでも肌がちゃんと応えてくれる。バリアの膜がはられているみたいで、しっとり感がするのが気に入ってます」(30代) 「お昼前にはちりめんジワが出ていた私。それが長時間メイクをしていてもバリバリせず、一回のメイク直しですむようになりました」(40代) 「乳液をつけた後に、下地と化粧をしたら、彼がまとわりついてくるようになりました(笑)。ウソみたいな話ですが、実話ですよ!」(40代)  と、モテ女への変化を“実感”する声も。

皮膚薬を作り続けてきた会社

『B.K.AGE』の化粧水と乳液、クリーム、7日分がセットになった「ハリ肌体験セット」は、953円(税抜き)で試せちゃうんです。毎朝毎晩、砂漠に水をまくように化粧水を肌に叩き込んでいた方は、この機会に試してみてはいかがでしょうか。  冬本番。街はクリスマス・イルミネーションに彩られはじめ、独り身のこころはますます渇いていくわけですが、ぷるんとした肌で女度があがれば、カッサカサのココロにもうるおいが戻ってくる、かもしれません(たぶん)。 ◆ハリ肌体験セット(7日分、953円)はコチラ <TEXT/女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ