♂&♀

ハプニングバーに潜入、エロスの狂宴に女性記者ショック!

 ハプニングバー、それは特殊な性癖を持った男女が集い、客同士で行為に至ることもある場。周りの女子に聞くと「ハプニングバーは気になるけど怖い」「ハプニングバーに行く勇気がない」との声が上がります。そんな女子たちの代わりに、性に関するヒト・モノ・コトに興味津々な筆者(アラサー既婚女子)が、ハプニングバーの実態を探るべく潜入してきました。
(ハプニングバーのその他の記事はコチラ

エロスの狂乱にショック!女性記者がハプニングバーに潜入(イメージ写真)

画像はイメージです。バーカウンターなどもあり雰囲気もいい

ハプニングバーは身分証提示、会員制だから誰でも入れるワケじゃない



 ハプニングバーといえば、5月には都内最大級の「KUNKUN」(上野)、11月には「CLUB406」(新宿)が、公然わいせつほう助の疑いなどで摘発されています。その際、CLUB406で性行為に興じていた50代の宮内庁職員が、公然わいせつ罪で逮捕されたことも話題に。

 ハブバー処女の筆者の同行者は、とある食事会で知り合ったA君(28歳独身男子)です。1年ほど前にひとりでハプニングバーに行った経験があるらしく、「もう1回行ってみたい。カップルとして入店すると安いし」とのことで、一緒に行ってもらうことにしました。

 A君いわく「クラブと同じで、終電を過ぎないと客も少ないし、盛り上がっていない」のだそう。そのため終電が終わった頃に待ち合わせて、深夜1時前に入店することに。

 向かった先は都内某所にある老舗ハプニングバーです。ラブホ街の中にあるせいか、入口に「ここはラブホではありません」と注意書きがありました。ハプニングバービギナーは意外と少なくないようで、筆者たちの前にも受付で手続きをする人の姿が。基本的にハプニングバーは会員制で初回は身分証提示を求められたり、入会金を払ったりする必要があります。

 男性だけで来る場合、入場料は約20000円とややお高めですが、カップルだとふたりで10000円未満とおトクになります。今回は筆者の入会金2000円と、カップル料金をあわせてちょうど10000円だったので、1人5000円ずつ払いました。ちなみに女性は会員になると、以後の入場料は無料です。

次のページ 
ハプニングバーで人に見られて興奮?ひとりエッチ2時間おじさんにギョッ

1
2
あなたにおすすめ