Lifestyle

保護ネコ・大吉くんの宝物【ケニア・ドイの猫写ニッキ】

 はじめまして、カメラマンのケニア・ドイと申します。誰もが隣りの犬・猫ライフが気になりますよね(私だけ?)。そんな単純な思いをテーマに譲渡会や里親募集サイトから家族になった犬・猫にスポットをあて、撮影取材をしていきます。

 命のリレーで新しい生活を手にした彼らの表情、それを迎え入れた家族のストーリーで犬ライフ・猫ライフの素晴らしさを伝える機会にしていきたいと思います。

遅く生まれた子ども、大吉くん



 竹内家は3人家族+2匹の猫がいる。長男猫のオズマくんは18歳の男の子、次男猫の大吉くんは2歳の男の子。どちらも里親募集で譲り受けた黒猫たちですが、今回は次男の大吉くんと猫ライフ。

写真1

猫用ドアからこんにちは。

 猫は客人を観察しています。この人は良い人か?それとも……?

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=200280

「あれは相談とは言わない。」

 話しは2年前にさかのぼります。

 竹内家の主人哲郎さんはホームページを見ていて手を止め息を吐きます。

 そこには小さな猫の写真と里親募集の文字があったからです。

 どうやら哲郎さんの知り合いが生後2ヶ月の子猫の里親さんを探していて、一時的に預かっているという内容の投稿でした。

 先住猫のオズマくんと息子さんの子育てがひと段落していたこともあり、愛らしい子猫の写真を見て哲郎さんは「はぁー、また子猫から育てたいな。」と衝動をおさえきれず手をあげることになります。

「あれは相談とは言わない(笑)」とは奥さんは言います。

 哲郎さんは子猫の受け入れを奥さんに一応は相談したみたいですが、すでに心は決まっていたようです。

 哲郎さん、それは相談ではなく「説得」ですね。

手前が2歳の大吉くん、後ろが18歳のオズマくん。

「遅く生まれた子どものよう」とただただ可愛がり、また子猫育てに追われ、家がにぎやかになり、「大吉」と名付けられた子猫との生活は2年を迎えました。

 高齢猫のオズマくんはホットカーペットから動かずと超対照的な二匹です。

 大吉くんの性格は甘えん坊。初対面の私でも最初は遠くで様子を伺っていましたが、時間をかけて接すると安心したのか、それとも遊んでほしいだけなのか、すり寄ってきてくれました。その後たっぷり遊びますが私では役不足かな?

 2歳の猫はまだまだやんちゃ盛り、無尽蔵のスタミナでこっちが疲れてしまいます。

ふたりは宝物



 大吉くんは几帳面。整理整頓が大好き。

 写真はある朝の猫のごはん処を再現してもらったもの。

ヒモ、パフ、じゃらし棒に、ん?メガネがなんで??

 大吉くんは寝る前に必ずお気に入りのおもちゃを大好きなごはん処にきれいに片付けるという変わったルーティーンをもっている。

 ある朝、メガネを探す哲郎さん。発見したのはまさかの床。

 犯人はもちろん大吉くんなのですが、このメガネ事件で哲郎さんは怒るどころか大吉くんを抱きしめて喜び合うのです。なぜなら大吉くんの宝物箱と言えるこの場所にメガネが置いてあったからです。

 大吉くんにとって哲郎さんは宝物、哲郎さんの宝物も大吉くん。

 二人は相思相愛溺愛なのです。猫ライフにバンザイ。

哲郎さんと大吉くん。


ひもでまさかの「Love」の文字!?


 大吉くん、ありがとう。また遊びましょう。

【ケニア・ ドイ】
アーティストのグラビアなどを数多く手がけ、人物撮影を得意とするスチールカメラマンが5年の修業期間を経て2011年、猫カメラマンになることを宣言。雑誌、WEB、SNS等で猫写真を発表し続ける。ファースト写真集『ぽちゃ猫ワンダー』(河出書房新社刊)好評発売中。

●「ケニア・ドイの怪盗猫団団」https://www.facebook.com/nekodandan

<TEXT・PHOTO/ケニア・ ドイ>

― ケニア・ドイの猫写ニッキ【1】 ―

ケニア・ドイ
アーティストのグラビアなどを数多く手がけ、人物撮影を得意とするスチールカメラマンが5年の修業期間を経て2011年、猫カメラマンになることを宣言。雑誌、WEB、SNS等で猫写真を発表し続ける。
ぽちゃ猫ワンダー

巨大顔のコビくんなど、福々しいまちのボチャ猫ちゃんオンパレード!




あなたにおすすめ