Lifestyle

春からワンランク上の女になる。私をアゲるエレガントな小物3品

 4月になれば会社も新年度。フレッシュマンだった頃からずいぶんたつと、「どうせまた、かわりばえしない1年よ~」な~んて思いがちですが、気分をリフレッシュさせるのも自分次第です。4月からの新しいシーズン、いつも身につける小物を新調して、「ワンランク上の女」を演出してみてはいかがでしょうか?

手帳はさりげなく個性を主張



 まずは、手帳。男女問わず人気なのはモレスキンですが、あまりにも浸透しすぎて、むしろ今では没個性な気もします。とはいえ、あまり主張しすぎるものは、手帳に限らず品がありません。そう考えていくと、候補にあがるのはイギリスのブランド「Letts ~ レッツ」ではないかと思うのです。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=206755

LETTS DIARY 2015年手帳 クラシック スリム

LETTS DIARY 2015年手帳 クラシック スリム

 1796年に誕生した「世界最古の手帳ブランド」。手帳の角にメタルの金具がつけられていたり、紙の小口3辺に金箔が施されたりしているのは、単なる飾りではなく、衝撃や湿気から手帳を守るため。機能性を兼ね備えた美しさってかっこいい! 購入は、平和堂などの文具店にて取り扱いがあります。

●平和堂 公式サイト http://www.heiwado-net.jp/

いいものを持つ喜びはボールペンから



 お次は、手帳とともに使うボールペン。アメリカでもっとも長い歴史を持つ筆記用具ブランド「CROSS(クロス)」の「クラシック センチュリー」は、細身でエレガント。メモをとる手元を華奢に見せる効果もありそう。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=206758

CROSS クラシックセンチュリー(ブラック)

CROSS クラシックセンチュリー(ブラック)

 また、通常、2mm程度あるペン先部分が、クロスの場合はその半分くらいになっていて、手への負担が少なくとても書きやすいんです。値段は2000~3000円台からと、ボールペンにしては“高級”ではありますが、ムリのない価格で「いいものを持つ」気分を味わうことができるのでは?

●クロス・オブ・ジャパン 公式サイト http://www.cross-japan.com/

時計に必要なのは強さとやさしさと艶



 最後に、ワンランク上になれるアイテムとしては、やはり時計ですよね。手帳やボールペン同様、エレガントで機能的、個性的でありつつも自己主張しすぎないというバランスを考えていくと、やはり老舗国産ブランドがよいのではないでしょうか。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=205408

クロスシー(画像1) たとえば、「シチズン XC(クロスシー)」の「ティタニア ライン」は、肌に優しいチタニウム素材で、34gという軽さ。独自の表面硬化技術で小さなキズや擦りキズにも強く、光で充電するので定期的な電池交換はしなくていいし、電波時計なので日付や時刻を合わせる必要がありません。こうした気の利いた機能のアレコレは、アクティブな毎日を後押ししてくれるはず。

 くすみをなくしたチタニウムの艶はさりげなく色っぽく、文字板のパールがかった淡く優しい色合いやツートンのバンドなどは、女性らしさをかもし出します。

クロスシー(画像2)

クロスシーから初めて出たトノータイプ

 さらに3月には、トノー(樽型)が新登場。キュートな丸型とはガラリと印象が変わり、スタイリッシュで凛としたイメージがプラスされています。ビジネスでもフォーマルでもシーンを選ばないフェイスは、うれしいですよね。

 クールビューティでシンプルな文字板のES8150-56A(写真左)、ピンクの文字板&ツートンのバンドが女性らしいES8154-55W(写真中央)、ティタニ アライン初の革バンドタイプES8154-04A(写真右)も登場しました。

 クールでありながら、色気と優しさも兼ね備えるーーそんな、憧れの女性像を凝縮したような時計を身につけていたら、モチベーションは自然とあがっていきそうですよね。

●シチズン クロスシー 公式サイト http://citizen.jp/xc/special/index.html

 外見だけにとらわれず、中身の“実”にもこだわるのが、ワンランク上の大人の女。その道のりはまだ遠くとも、お気に入りの小物を使うワクワク感は、4月からの毎日を変えてくれるはずです!

<TEXT/女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ