Beauty

“肌がほてる”だけでシミにつながりやすいという新事実

 寒さが和らぎ、暖かく感じられる日が増えてきましたね。もうすぐ春。3月に入ると、お肌の大敵・紫外線がどんどん増えてくるんです!

ほてった肌をすばやく冷やすことが大事



 いったいなぜ、シミができたり肌が黒くなってしまうのか。 「資生堂シミ予防研究所」のサイトを見ると、詳しい研究結果がずらりと並んでいます。

 メラニン発生のメカニズムや、シミが消えなくなる理由など、年々新しい事実や美白成分が発見されていてビックリ。正直、私には難しすぎてよくわからないレベルなのですが、100年にわたる美白研究への情熱には脱帽します。

シミ予防研究所

資生堂「シミ予防研究所」のサイト。入社以来、美白研究ひとすじ17年という佐藤研究員の解説も

 その資生堂によって新たに発見されたのが、「紫外線などによって肌がほてるとメラニンをより増殖させ、さらなるシミや肌の黒化につながりやすくなってしまう」ということ。暑い時期には、肌をすばやく冷やすことがシミ予防に効果的なんだそうです。

ひんやりテクスチャーが肌に密着



 夏になると、化粧水を冷蔵庫に入れて冷やす人もいますよね。でも、ひんやり感は長続きしないもの。そこで開発されたのが、冷やして使える薬用美白固形状クリーム「HAKU メラノクール ホワイトソリッド」(医薬部外品)です。

HAKU メラノクール ホワイトソリッド「HAKU」といえば、9年連続美白美容液市場売上第1位(※)、ベストコスメ大賞累計21冠を達成した実績のあるブランド。ご存知の人も多いかもしれません。

 資生堂が冷やして使うタイプのアイテムを発売するのは、今回が初めて。そのテクスチャーは、「まるで冷たいバターが溶けるように肌の上でダイレクトにとろけてる」感覚なのだそう!

 普通のコスメを冷やすのとは違って、「クールソリッド処方」という独自技術を使っており、肌に密着して冷感触が長続きするそうなんです。

 見た目からしてバターみたいだし、かなり気になります。コレ、使ってみたい!

 成分は、独自の美白有効成分4MSK、整肌・保護成分Vリッチエフェクターを配合。肌を保湿しながら美白することでメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防いでくれるそうです(ちなみに、美白有効成分4MSK=4-メトキシサリチル酸カリウム塩は、研究から実用化まで13年もかかっているとか……)。

「HAKU メラノクール ホワイトソリッド」は、資生堂のウェブサイト「ワタシプラス」での限定発売で、通常サイズ(45g)は10,800円。20日分のトライアルサイズ(10g)は2,484円。すぐに使えるように、クール便で届けてくれます。

 本格的な夏を迎える前からしっかりと紫外線ケアをして、シミのない美しい肌を目指したいですね!

(※インテージSRI美白美容液市場 2006年1月~2014年12月累計販売金額)

●資生堂「ワタシプラス」
PC
http://www.shiseido.co.jp/cms/onlineshop/hk/b/melanocool/trial/
スマートフォン
http://www.shiseido.co.jp/sp/cms/onlineshop/hk/b/melanocool/trial/

<TEXT/廣野順子>




あなたにおすすめ