♂&♀
Love

彼の夢を信じて、待ち続ける女の悲しい末路とは

 さまざまな夢を抱いて上京する人の中には、恋人を地元に残してくる人もいます。「夢がかなったら迎えに来る」そんなドラマのようなセリフであっても、愛する人の成功を願うからこそ、その言葉を信じて涙ながらに遠距離恋愛を受け入れている女性も少なくないはず。

 その一途な想いをもし裏切られたとしたら……。積み重ねたガマンの数だけ、怒りは増幅するようです。

起業を目指して上京 なのに他の女性と……



 短大卒業後に地元の企業へ入社したユキエさん(仮名/27歳)は、入社1年後に同期で2歳年上のAさんと付き合うことに。とはいえ、社内恋愛を良しとしない社風のため、周囲には秘密のまま愛を育んできたそうです。

「3年ほど経ったころから結婚の話も出るようになったのですが、彼がいまいち乗り気じゃなくて。そんなある日、これからのことを話していたときに、突然上京の話をされたんです」

待ち続ける女の悲しい末路 Aさんがいうには、今の企業へ就職したのも“自分の会社を起こす”という夢に向けた勉強とコネのため。下準備が整ったので、都内へ移住して起業の土台を固めたいとのことだったそう。

 結婚を意識していたユキエさんにとってはショックが大きい話だったそうですが、「軌道に乗ったら結婚しよう」という彼の言葉を信じ、地元で待つことを決めたそうです。

「それからしばらくして、彼は退職して上京しました。会えるのは1~2ヵ月に一度でしたが、電話やメールで連絡は取り合っていたので思っていたほどの寂しさはありませんでした。ただ、半年を過ぎたあたりから連絡の頻度が一気に下がっていったんです。でも彼は『仕事が忙しくなった』、『軌道に乗ってきた』と言っていたので、あと少しのガマンだと自分に言い聞かせて耐えていました」

 連絡が減り寂しさに耐えながらも、彼の成功と間近に迫った結婚を確信していたユキエさん。ところが、同期男性社員のひとことで、すべてを知ることとなってしまいます。

「彼が在職中に仲良くしていた男性社員が『Aの結婚式に出席するから』と、休みを申請したんです。もちろん私たちが付き合っていることは知らないので、隠す必要を感じていなかったのだと思います。訳が分からず、その人にそれとなく聞いてみました」

 その男性社員によると、彼は上京後に一般企業へ就職し、そこで知り合った女性に一目ぼれ。猛アタックの末付き合うこととなり、彼女が妊娠したため急きょ結婚することになったとのこと。

「転職先の職場は条件が良く、起業はあっさりあきらめていたそうです。連絡が途絶えはじめたころは、ちょうど彼女と付き合いはじめた時期でした。私が彼の夢を応援して耐えていたころ、向こうは安定した職場で新しい恋愛を楽しんでいたんです。そのうえ、妊娠して結婚だなんて……。耐え続けてきたこの1年はなんだったのかと、怒りがこみ上げてきました」

結婚祝いパーティーに隠された復讐計画



 夢を叶えるために上京した彼を地元で待ち続けたのに、ほかの女性との妊娠と結婚を知り、怒りを抑えられなくなったユキエさん。

 すぐに連絡をとったものの、彼はのらりくらりと言い逃れをして事実を認めなかったそうです。その後すぐに携帯を解約したのか、その電話を最後に一切連絡がつかなくなったとのこと。

「まだ、事実を認めて謝ってくれれば許せたかもしれません。それなのに、『そいつが嘘をついている』、『俺よりそいつを信じるお前とはもうやっていけない』と、私や同期社員を悪者にして一方的に別れ話に持っていく始末。なんとしてでも彼に謝らせたい、彼だけのうのうと幸せになるのが許せない気持ちでいっぱいになりました」

 身勝手な彼の態度に復讐を誓ったユキエさんは、まず式に参列する同期社員にすべてを話して味方になってもらいます。式で写真やビデオの撮影をお願いし、彼の結婚と新婦の妊娠の事実を確認。

 そのうえで、彼が新妻と帰省するタイミングで「地元の友人たちでお祝いパーティーをする」と声をかけてもらいました。

パーティーはもちろん嘘。指定した店で、私はひとりで彼と新妻の到着を待ちました。浮かれ気味に個室に入ってきた彼は、私の顔見るなりその場で立ちすくんでいましたよ(笑)。奥さんはまだみんなが集まっていないだけだと思ったみたいで、笑顔で挨拶して座りました」

「トイレへ行く」と個室を出かけたAさんを、下の名前で呼び止めたユキエさん。その瞬間、奥様の顔から笑顔は消えたそう。堪忍したように奥様の横に腰掛けるAさんに、付き合っていたときの写真やメールをプリントアウトした用紙を突き付けたのだそうです。

「メールには起業が成功したら結婚する話が頻繁にでていましたから、言い逃れのしようがないですよね。奥さんにもすべてを見てもらったのですが、日付などから自分と付き合いながらも私と続いていたことが分かったんだと思います。彼に詰め寄っていました」

 妻と元カノ、ふたりの女性から板挟みになったAさん。もはや言い逃れることもできず、ただひたすら、その場に土下座して謝り続けたそうです。

「いい気味でしたよ。周りを騙して、自分だけ幸せになろうなんてムシが良すぎます。『あんたみたいな嘘つきの女たらし、こっちからお断り』と一発ビンタを喰らわせて帰ってきました

 そんなユキエさんですが、協力してくれた同期社員の男性と近々結婚の予定だそう。「結婚式にあえて彼と奥さんを呼び、幸せを見せつけてやろうかと思っています」と、新たな復讐計画も考え中だそうです。

<TEXT/千葉こころ PHOTO/Gabriel Blaj>

千葉こころ
ビールと映画とMr.Childrenをこよなく愛し、何事も楽しむことをモットーに徒然滑走中。恋愛や不倫に関する取材ではいつしか真剣相談になっていることも多い、人生経験だけは豊富なアラフォーフリーライター。




あなたにおすすめ