Lifestyle

真夏の“パンスト地獄”は仕事に必要?働く女性の4割が「暑くてツラい…」

 気温35度超えも珍しくない、熱帯のような日本の夏。働く女性の皆さん、真夏にパンティストッキングを履くのはツラくないでしょうか? 満員電車でネットリ脚にまとわりつく熱気。炎天下の外回りでは、汗で湿ったパンストで脚が窒息しそう……。

特に営業ウーマンからは悲鳴が



 筆者の周りでは、「酷暑でのパンストは地獄だ!」という声が多いのです。特に営業ウーマンからは、「バリ島あたりの熱帯をパンストで歩いてるようなもので、正気の沙汰じゃない!」との悲鳴も。

 一方で、「仕事でナマ脚はマナー違反」という雰囲気もあり、中にはパンスト着用が規則だという会社もあります。クールビズ運動でも、なぜかパンストが問題視されることはありません。

ストッキング 世間の働く女性たちは、夏のパンスト問題をどう感じているのでしょうか?

そこで女子SPA!では、20~30代の営業職・事務職の女性200人に調査してみました(※)。

 まず、ツラいと思うかどうかを聞いてみると…

============
・真夏にパンストを履くのは暑くてツラい 42.5%
・できることなら真夏にパンストを履きたくない 41.5%

============

と、4割以上がやっぱり不快なようです(予想よりは少なかったですが)。

 不快だと生産性だって落ちるはずですが、会社によっては「パンスト拒否」しにくいのがツライところ。

パンストを履かないとマナー違反だという雰囲気がある」(16.0%)や「素足だと恥ずかしいので自ら履いている」(21.5%)など、周囲の目を気にして履いている人が少なくないようです。

 また「脚をきれいに見せるために、自ら履いている」(19%)という人も。たしかにサポート効果や傷を隠すなどの効果はあり、”履きたい人が履く”分にはまったく問題ないのですが…。

クールビズ推進の役所もパンスト問題はスルー



次に、働く女性の声をヒアリングしてみました。

・「ウチはストッキング着用が規則なんです。男性の上司には、いっぺんパンストを履いて暑さを味わってみてほしい!」(31歳・金融)

 アンケートでも「職場でパンスト着用が義務付けられている」という人が7.0%いました。

・「営業に行くと先方の男性がスーツなので、こちらもナマ脚では失礼かと。でも、お互いに暑さガマン大会みたいでバカらしいですよね」(28歳・メーカー)

 長めのスカートならナマ脚でも目立たないし、ソックスなら失礼じゃないのでは?実際、出版やIT業界などではそういう女性が普通にいます。

・「私は生理的にパンストが我慢できないので、夏はパンツ+膝下ストッキングです。今年流行りのガウチョ+膝下ストッキングだと涼しくて有難い。一生ガウチョブームが続いてほしいです」(29歳・IT)

 アンケートでも、「パンストを履きたくないためにパンツファッションにしている」という人が13.5%。

 クールビズの旗振り役である環境省は、省内におけるクールビズのOK/NG基準をHPに載せています。「ノーネクタイ」「ポロシャツ」など13項目並んだ中に、そもそも「ノーストッキング」という項目自体がナシ。この問題は眼中にないようです。

 女性活用を推進する安倍総理、いっぺん真夏にパンストを履いてみてはいかがでしょう。

※女子SPA!調べ
20~30代の営業職・事務職の女性200人(東京・千葉・神奈川・埼玉、大阪、愛知在住)に、インターネットで調査。
(自動車通勤だと状況が違うため都市部を対象にした)
調査期間:2015年7月21~24日 調査協力:リサーチプラス

<TEXT/女子SPA!編集部>

女子SPA!編集部
ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。




あなたにおすすめ