♂&♀
News

「世界一美しいアソコのコンテスト」が開催!優勝者は、まるでリカちゃん人形!?

「男性器の人類代表を決める」というトンデモなドキュメンタリー映画が今年6月に公開され話題になったが、先日、なんと「世界一のヴァギナを決める」という、これまた前代未聞のコンテストがアメリカのあるサイト上で開催され、英語圏を中心に物議を醸している。

理想のヴァギナを見つけたい



 コンテストを主催したのは、「Autoblow2」という電動オナホールを開発するブライアン・スローン。コンテストの告知動画でスローン氏は次のように語っている。

ブライアン・スローン

告知動画で語るブライアン・スローン

「従来商品にはくちびる型のカバーがついてるんだけど、正直、気味が悪いんだよね(くちびる型のカバーをパクパク動かしながら)。だから超リアルなヴァギナ器型のカバーをつくろうと考えた。コンテストで男性が求める理想のヴァギナを知って、その形でカバーをつくり、ユーザーが最大限の悦びが得られるようにできたらと思ったんだ」

 そう淡々と語り、ハムでいろいろなヴァギナのかたちを表現しながら、「君はどんなかたちが好き?」と問いかけるスローン。完全にふざけているというか、女性をモノ化する差別主義者のようにも見えるのだが、時折、「どんな形も好きなんだけど」というコメントを挟むところに、完全なおバカではないことが窺える。

優勝者には賞金約60万円



 コンテスト参加の条件は、陰部の毛がすべて剃られていることのみ(毛があると3Dスキャンできないため)。参加者は、ヴァギナの近くに「#AutoblowVaginaBeautyContest」というコンテスト名のハッシュタグが記された紙を添えながら撮影し、仮名と年齢と国名と共にコンテストのサイトに投稿する。それを、世界中の男性たちが採点し、平均点が一番高かった投稿者が優勝、ということになる。

 1位には賞金約60万円とロサンゼルスまでの旅費(そこで3Dスキャン撮影するため)、2位には約30万円、そして3位には約18万円が贈られる。

理想のヴァギナはリカちゃん人形



 優勝しても60万円くらいしかもらえないのに、一体誰がこんなコンテストに応募するのかと思いきや、コンテストのサイトを見ると(リンクを張るのはあえて自粛する)、意外にも、世界中から182人もの女性が参加したようだ(重複している投稿もあったので、実際は少し少ないかもしれない)。

 参加者はほぼ欧米在住で、稀にメキシコ、インドネシア、台湾の人も。年齢は、下は18歳から上は52歳までと幅広いが、ほぼ20代後半から30代後半が占めている。ランキングの上位半分以上を白人が占め、有色人種は150位以降に集まる中、37歳の台湾人女性が35位と健闘している(と言うのもおかしいが)。

 そんな中、1位を獲得したのは、アメリカ在住のNell(27歳)。2位は、ドイツ在住のJenny(23歳)。そして3位は、ハンガリー在住のAnita(20歳)だった。

小陰唇縮小手術の増加を助長?



 三者に共通するのは、色味のほとんどない、リカちゃん人形のようなつるんとした質感と、小陰唇が大陰唇にすっぽりと収まる小ささだということ。

 このことについて、多くのメディアが、一部の国で問題視されている、小陰唇縮小手術の増加を助長するのではないかとコメントしている。一昨年、イギリスの英国王立産婦人科学会は「小陰唇縮小術の長期的リスクに関するデータ、中でも性感や性的機能への影響に関するデータは非常に少ない」として、特に10代の少女が必要のない手術を受けることに警鐘を鳴らしている。

 いろんな形や色があっていい。そう教科書的に言われても、実際にこういったコンテストとして「理想」が証明されてしまうと、自分のものが醜いのではないかと思ってしまう女性が増えてもおかしくはない。

コンテストの次は学術論文!?



 ただ、このコンテストに参加した女性の多くは、(参加したのだから当然だが)肯定的に捉えているようだ。オンラインメディア「ザ・デイリー・ビースト」の中で、コンテストの参加者の一人であるKia(24歳)は、「このコンテストで自分と同じような形の人がたくさんいるのを知って気が楽になった」と語っている。これまで、ポルノ女優のものとしか比べたことがなく、自分の小陰唇が伸びていると思っていたようだ。

 たしかに、さまざまな国の女性たちのさまざまなヴァギナが一同に介するのを見るのは、男性よりもむしろ女性の方が切実な意味で興味をそそられるかもしれない。

 そんな女性の想いを知ってか知らずか、スローンは専門的な学者の協力を得て、ヴァギナの外見や好みに関する学術的な論文の作成も検討しているという。かなり偏ったデータに思えるが、ハチャメチャなスローンとその学者たちがどんな結論を導き出すのか注目したい。

<TEXT/女子SPA! 編集部>




あなたにおすすめ