Lifestyle

どこにも行けない夏休み、妄想トリップで旅にでよう。ハワイ通が見つけたマウイの魅力

『やさしいハワイ マウイ島の本』 (小学館)

『やさしいハワイ マウイ島の本』 (小学館)

 8月に入り、残り少ない夏の予定を立てている人も多いですよね。だけど一方で、「どこかに行きたい!」と思いはするものの、「一緒に行く人もいないし……」なんて人もきっといますよね。いえ、私自身がそうなのですが……。  そんな方にオススメしたいのが、先日、発売された青木たまなさんの『やさしいハワイ マウイ島の本』見るだけで、妄想力が膨らんで楽しめる上に、一人旅にもオススメなスポットが紹介されているのです。マウイ島の見どころを担当の編集者さんに伺ってきました。

欧米ではマウイこそ「全米NO.1リゾート」

――マウイ島って、そもそもどんなところなんですか? 「マウイ島はハワイ諸島では2番目に大きな島で、欧米では全米NO.1リゾートとして人気の島です。日本だと、ハワイといえば、ワイキキのあるオアフ島というイメージが強いですが、マウイ島もとても素敵ですよ。特に自然が豊かで、山や渓谷や高原や海……といろんな場所を楽しめるのがマウイ最大の魅力です」(小学館・福原さん、以下・同) ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=326802
“聖なる山”ハレアカラのサンライズ

“聖なる山”ハレアカラのサンライズ

――本書を書かれたのはOLさんとのことですが。 「そうなんです。著者の青木たまなさんは東京在住のOLさんなのですが、ハワイに魅了されて、これまでに40回も通っているほどのハワイ通なんですね。旅のプロでなく、また、現地の人でもなく、本当に普通の旅人としてハワイを楽しんでいる青木さんだからこそ見つけられた島の魅力は、『女子SPA!』読者さんにもきっとご共感いただけると思います」 ――具体的には、どのあたりが? 「私自身がそうなのですが、働いて疲れたときって、『のんびりと癒されたい!』って思いますよね。ぼーっとリラックスするのにオススメなビーチがあったり、マイナスイオンたっぷりの緑豊かな渓谷があったり。実は、私もマウイ島にまだ行ったことがないのですが、マウイ島の写真を見ているだけで“ホウ”とため息が出てウキウキしてきますし、『いつか行ってみよう』と思うだけで、日々の疲れが癒されます」
素朴なビーチはリラックスに最適

素朴なビーチはリラックスに最適

最新オーガニックフードも目白押し

――あと意外に思えたのですが、マウイって健康食が豊富なんですね。 「そうなんです。マウイ島は、オーガニックフードや、今流行りの加熱していない“ローフード”料理のメニューが豊富なんです。人気スーパーマーケットの“ホールフーズマーケット”では熱を加えてないローフードのパンプキンタルトを発見。 そのほかにも可愛くてヘルシーなスイーツがたくさんあるので、健康を意識するスイーツ好き女性にはたまらないと思います」  癒されたい独り身女子のみなさま、まずはこちらの写真や動画で妄想トリップしましょうか。 ⇒【YouTube】青木たまな「やさしいハワイ マウイ島の本」 https://www.youtube.com/watch?v=lVxqkrcqV3w <TEXT/市吉いとこ PHOTO/『やさしいハワイ マウイ島の本』 (小学館)より>
Cxense Recommend widget
やさしいハワイ マウイ島の本

パステルカラーの、どこかノスタルジックな写真を眺めているだけでも、マウイ島に行った気分になれます。




あなたにおすすめ