Lifestyle

机から洗濯機まで、0円で“もらう・あげる”サイト「ジモティー」がすごい!

 世は断捨離ブーム。“少なく暮らす”のがトレンドになっています。とはいえ、「いつか使うかも」と思ってモノは増える一方、なんて人も多いのではないでしょうか。

 かく言う私もそのひとり。区の粗大ゴミ回収センターに申し込んだり、オークションサイトに出品して梱包して送ることを考えると……ああ面倒くさい。処分にお金がかかることもあるし。

 だったら、取りに来てくれる人にあげればいいじゃん!というサイトがあるんです。それは地元で探す無料掲示板『ジモティー』。逆に、タダでもらうこともできちゃう画期的なサイトなんです。

ジモトの人を探して「売る・あげる」「買う・もらう」ができる無料掲示板『ジモティー』 http://jmty.jp/

0円であげちゃおう! もらっちゃおう!



「ジモティー」は、モノの売買・譲渡から、スクール情報、サークルのメンバー募集まで、いろんな情報が載っている無料掲示板サイト。いちばんの特徴は、取引場所のエリアや最寄り駅が掲示されていること。「ジモト」の情報を検索して探せるわけです。

「売ります・あげます」のカテゴリーを見ると、白木のダイニングテーブルや 無印良品のベッドが0円、オフィスで使うようなコピー機までタダ! なるほど、処分にお金がかかるくらいなら、引き取りに来てくれる人にタダであげちゃおう、という人はやっぱ多いみたい。

これはスマホ版。「0円」情報を見ると、自転車やらIKEAの棚やらいろんな物が

 ということで、さっそく登録してみました。

 登録フォームにメアドを入力し、自動返信のメールが届いたらIDとパスワードを申請。さらに携帯電話か身分証明書での認証が必要とのことで、少々手間ですが、これも安心のためです。携帯電話のSMSに届いた4桁の数字を入力し、登録は完了しました。

 今回“出品”したのは、以下の3つです。

(1)「折りたたみ式の座卓」→0円で出品
5年前から押し入れでかさばっていたやつ

【出品1】5年前、知人6人がわが家に集合することになり急遽購入したデカい座卓

(2)「フラットシューズ」→0円で出品
数年前に買って1~2度しかはいていない

【出品2】外出先で靴ズレになって歩けなくなり、履き替えのため購入したフラットシューズ

(3)「水切りラック」→300円で出品
2500円もしたのにキッチンのシンクのサイズに合わず、開封もせず押し入れに入れていた

【出品3】2500円も出して購入するも、サイズ違いで使えず、未開封のシンクの水切りラック

アップしてわずか2時間で計11件の問い合わせが!



 座卓は当然、“自宅近くまで取りに来られる人”を条件に無料で出品。サイズや使用頻度などの情報を入力し、写真をアップしました。

 なぜかアップした写真が上下逆になってしまい、四苦八苦している間に、メールの着信を知らせるアラームが鳴り始めたのです。なんという即レス!

 「ジモティー」すげえ。

画像が全部逆なのに、多くの問い合わせをいただきました……

 結局、アップしてから2時間で、座卓5件、クツ5件、水切りラック1件の問い合わせがありました! 水切りラックが少ないのは300円の値段をつけたからかも。やっぱり「0円」強し。

「これほど欲しがる人がいるモノなんだから、手放すのはもったいないかも……」

 なんていうセコい思いを捨て、受付を終了させて連絡をくれた方のメッセージをチェック。返信メールを送り、ていねいな文面に安心しながら、待ち合わせの日時・場所を打ち合わせ。3品とも、2日後の昼に最寄り駅前で会って渡すことにしました。

 こうしたメールのやりとりはすべて、サイト上のマイページででき、相手にメールアドレスや電話番号など個人情報を伝える必要がないのも気がラクです。

梱包・送付の手配ナシ! 捨てる罪悪感ナシ!



梱包もせず裸の座卓と共に、自宅近くの待ち合わせ場所へ

 約束の日の朝、「今日はよろしくお願いします」との連絡もくださり、駅前に現れたのは優しそうなご夫人。キャスターとキズが付かないための保護シートも持参してくださり、なんだか手慣れた様子です。

引き取る方が、梱包材を持ってきてくれました

 一緒に梱包をしながら聞いた話では、テレビで「ジモティー」を知って、今ではよく譲ったり、もらったりしているそう。

「ジモティーに出品して、誰かにもらってもらえると、『モノを捨ててしまった……』という罪悪感がないのがいいのよ。ただね、ジモティを見ていると、『なんか、これ、よさそう。タダだし』って思ってもらっちゃうから、なかなか、家が片付かなくて(笑)」

カワイイ雑貨をタダでもらった



 実際、「ジモティー」を見ていると、海外の雑貨などかわいいものが0円で出ていたりするのです。私も、かわいい新品の「チョコレートフォンデュ・キット」を見つけて、即、連絡。ドキドキしながら、譲ってもらったのがコレです。

譲ってもらった『チョコレートフォンデュキット』。かわいい!

 ともあれ、5年間もジャマに思っていた座卓がなくなり、部屋はスッキリ!

 これが人生のときめきなのかはわからないけれど、何かを成し遂げたような、どこかリセットされた気持ちは実感しました。さて、次は何を出そうかな?

<TEXT/女子SPA!編集部 提供/ジモティー>




あなたにおすすめ