Beauty

メイク下手は「眉カラー」しよう。すっぴんでも5割増しの美人顔に

 春めいて、おしゃれを楽しみたい季節になってきましたよね。私は美容活動に力を入れ始めているのですが、先日体験した「眉カラー」がとてもよかったので、皆様にもオススメのポイントをご紹介したいと思います。 眉カラー

眉専門店でカラーリング

 眉カラーを体験したのは、銀座にある人気の眉サロン『mime(ミメ)』。眉トリートメント専門サロンとしては、日本で先駆けのサロンです。  こちらには、眉を整えるシェイピングのほかに、眉カラーや、眉エステ、まつ毛トリートメントなど眉周り全般のケアメニューがそろっています。以前には、シェイピング体験をご紹介させていただいたこともありました。 ※参考記事⇒「老け顔脱出!「眉ケア」で目元をリフトアップ」http://joshi-spa.jp/144908  今回、眉カラーに挑戦したのは、「眉が浮いて見えるから」。今って眉を少し太めに描きたいではないですか。しかし、私の眉は真っ黒なので、同じ色味で太めに描くと、とても濃くなってしまうのです。それに、髪もカラーしてるので、眉だけ黒いと違和感。  そこで、普段はブラウンのパウダーとペンシルを使っているのですが、少し浮いた感じになって、不自然さがぬぐえないのです。  今回は、浮いて見えない自然なカラーをお願いしてみました(「カラー&ケア」60分6000円+税)。
mime

眉サロン『mime(ミメ)』 http://www.mime-japan.com/

眉を間引いて、毛流れを整える

 ブースでソファーに横たわると、まずは眉周りの「毛のケア」からスタート。  シェイピングコースではないので、「軽く整える程度です」ということだったのですが、毛抜きを使って結構な数の眉が抜かれた印象です。 「え? こんなに抜かれてしまったら、眉が細くなってしまうんじゃないか」と内心不安に思っていたのですが、仕上がりを見たら、あらびっくり。太さが変わらないままに、美しい形になっていたのです! 「自然な流れができるように、周囲の毛を整えただけでなく、内部の眉毛を間引かせていただきました」とは、担当してくれたアイブロウスタイリストの茨木さん。 ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=487864
茨木さん

アイブロウスタイリストの茨木さん

……そうなのですよ。眉専門店で「いいな」と思うのは、間引きしてもらえるところ。  だって、素人だといくら頑張っても、長さを切るとか、外側の眉毛を抜くとかならできるけど、眉の中ほどにある毛をうまく間引くのはできないですよね。  それを、こちらのサロンでは、眉を部分的に持ち上げて、真ん中にある「不要な眉毛」を上手に抜いてくれるのですね。すると自然で、より素敵な「毛の流れ」ができるのでなんと普段のお手入れが超ラク!  方向性が決まってくるので、自分でもブラシを入れやすくなる上に、描き足すのもとても簡単。いえ、描き足さなくても、「良い形」なので、このままでも行けるくらいです。
次のページ 
一人一人の希望と顔色に合わせた色を作る
1
2
Cxense Recommend widget
未婚当然時代~シングルたちの絆のゆくえ

それでも、やっぱり「つながりたい」──未婚社会における”絆”の在り処とは?




あなたにおすすめ