Lifestyle

「2人以上産むべき」発言に、未婚女性の意外なホンネ

 いま、テレビやネットで物議を醸している、大阪市の公立中学校長・寺井寿男氏(61歳)による「女性は子どもを2人以上産め」発言。

未婚女性の意外なホンネ 3月14日から3月25日にかけて、市の教育委員会の事務局には約360件の電話が殺到したといいますが、そのうち、発言に対する苦情が130件であったのに対し、賛同する意見が200件だっとことが話題を呼んでいます。

 一見すると女性差別ととれるこの発言のどこに賛同する余地があったのでしょうか。改めて、彼の発言を振り返ってみましょう。以下、彼が中学の全校集会で語った話の要点です。

====================

・日本の国の存続のためにも、女性が二人以上の子どもを産むことが重要。

・女性は子育てのあと、国から支援を受けて国立大学で学び、専門職に就けばいい。子育てにはそれだけの価値がある。

・体の具合で子供に恵まれない人、結婚しない人も、里親になって育てることができる。

・子育ては必ず夫婦で助け合いながらするもの。女性だけの仕事ではない。

・育ててもらった以上、何らかの形で子育てすることが、親に対する恩返し。


====================

 たしかに、「子育ては必ず夫婦で助け合いながら」「子育てすることが、親に対する恩返し」など、部分的に見れば、社会通念的に正論と思える発言もありますが、未婚女性たちは、この発言について実際にどのように考えているのでしょうか。女子SPA!編集部のまわりにいる女性たちに意見を聞きました。

子ども産む以前に、結婚できない



 まずは、反対派から。

====================

「『女性は産む機械』発言よりはマシだけど、言ってること、人権侵害ですよね」(30歳・編集)

「キャリアが邪魔されないうちに二人産むとしたら、高校生か大学生の時しかないと思う。でも、そんな若くに結婚相手を見つけるのも難しいから、結婚と出産を切り離して考えないと無理」(35歳・アパレル関係)

「子育て終えてからって、40過ぎから大学通えっていうの? そんな気力も体力ないし、オバサン雇ってくれる会社あるの?」(43歳・システム関係)

子ども産む以前に、結婚できないんですけど。その場合、どっから精子もらえばいいんですか?」(26歳・営業)

====================

 反対派の意見としては、「女性の人生をなんだと思ってるんだ」という人権侵害を非難する声とともに、意外にも、「子供産む以前に、結婚相手が見つからないことの方が深刻」という声が目立っていました。また、子育てを終えた年齢から大学に通い、キャリアを形成することの難しさを指摘する声も多数。

 この分では賛同派なんていないだろうと思いましたが、未婚女性でもなぜか賛同者がいました。その方々の意見はこちら。

次のページ 
賛同派の意外な意見とは?

1
2




あなたにおすすめ