Beauty
Lifestyle

花粉症で“尿もれ”!急増する“ゆるみ”の治し方を女医に聞いた

 今春、35歳にしてついに花粉症デビューしてしまったライターの私。油断すると滝のように流れ出る鼻水に、ゴワゴワの肌荒れ……さらに私の場合、花粉の刺激が更なる悩みを引き起こしたのです。それはなんと…尿もれです!

花粉症のくしゃみに要注意!“尿もれ”が急増中



花粉症 花粉症と同じく、それはある日突然やってきました。

 完全防備で出かけたにも関わらず、薬の効きが悪かったのか地下鉄乗車中に鼻がムズムズ。目的の駅に着き、地上に出た途端、猛烈なくしゃみがこみ上げました。

「ハ~~ックション!」勢い良くぶっかました瞬間、ジュン!!!!! え、何この感覚!?

 まさかの“尿もれ”でした……。

 鼻が垂れていることも忘れてしまうほどショックを受けました。それ以来、くしゃみをする度に尿もれの恐怖に怯えることに。チャームナップも買ってみましたが婚活中の私にとって、もし膣が緩んでいるのならこれは死活問題です。

尿もれパッド陳列風景

各社尿もれ用のパンティーライナーのラインナップが増加中。やはり尿もれに悩む人は多いようです

 色々調べていたら、デリケードゾーン専門のクリニックが恵比寿に! すがる思いで、直行しました。キュアクリニック恵比寿では、膣のゆるみ、尿もれの改善、あそこの臭いといった女性特有の悩みに特化した最先端医療を行っているとのこと。

 今回、お話を伺った院長の上田弥生先生は、産婦人科の専門医なのでいわばデリケートゾーンのスペシャリスト。ドクター、スタッフは全員女性で、完全予約制とプライバシーへの配慮も万全です。

上田弥生先生

上田弥生先生


次のページ 
ママの●人にひとりは尿もれの経験がある

1
2




あなたにおすすめ